大人が買ってはいけない!夏のプチプラ白アイテム

7月11日(木)20時15分 All About

汗などで汚れる夏の白アイテムはプチプラで選びたいところですが、なかにはプチプラでは買ってはいけない白アイテムも存在します。詳しくお伝えしていきます。

写真を拡大

買ってはいけない! 夏のプチプラ白アイテムは

夏に着る白は爽やかで清潔感があり、顔も明るく見えるので大人にもぴったりですよね。汗などで汚れる夏の白アイテムはプチプラで選びたいところですが、なかにはプチプラでは買ってはいけない白アイテムも存在します。次から詳しくお伝えしていきます。

ディテールが安っぽい白ボトムス

ポケットなどもチェックして、高見えする白ボトムスなら絶対買い!/出典:WEAR
夏にプチプラの白ボトムスを選ぶときは要注意! 実は選ぶのに難易度が高いアイテムなんです。

ウエストゴムでシワ加工のスカートなど、もともとシルエットがゆるい場合はまだOK。

ですがパンツや形のしっかりしたスカートは値段の差が出やすいので、ポケットまわりやファスナー部分、ベルトループなどのディテールが安っぽくないかどうか、厳しめにチェックしてみてください。

ステッチが粗かったり、ファスナーの金具が変にぴかぴかしていたりすると、ボトムスでは意外に目立ってしまいます。

また試着時に一歩引いて見て、大人でもOKなシルエットかどうかの判断も忘れずに。白ボトムスは面積が大きく目をひくので、形が頼りなかったり、どこか安っぽく感じられるものは避けたほうが無難。

子供っぽく見えたり、はいているうちにクタッとしないよう、納得のいくものを選ぶのがコツです。

チープな感じが漂う白レース服

コットン多めのレースなら洗ってもシワが味になったり、雰囲気よくまとまるのでおすすめです
夏に着る白レースのブラウスやスカートはやっぱり可愛い! 少しハイネックになっていたり、長め丈のスカートなど大人向けのデザインにアレンジしてあるものもたくさん出ていますよね。

ただ、レース部分が安っぽくないかどうかだけはしっかりチェックしてほしいポイント。

甘めのデザインはただでさえ年齢を重ねるごとに難しくなっていきます。その上、例えばレースが真っ白で浮いて見えたり、着るうちにレース部分に毛玉ができるようなものだと安っぽく、マイナスに見えることも。

特にポリエステル100%のざっくりしたレースは、10代20代向けの甘めな洋服に使われることも多く、どうしても安っぽく見えがちです。

大人の女性なら、ざっくりと大柄なデザインより、もう少し繊細なデザインのレースを選んだほうが品よくおしゃれにまとまります。

レース部分の素材もコットンの配合が多めのほうが、テカりが出ず、シワも味のひとつになって素敵に見えることが多いので、素材タグでチェックしてみてくださいね。

テカり感が強いプチプラの真っ白小物

プチプラの靴やバッグで白を選ぶときは、テカり感が強いものは避けて!

夏の白小物は可愛く、コーデの抜けポイントにもなるのでたしかに便利です。でも、合皮など安めの素材で、さらに真っ白でテカテカしていると、結果コーデのなかで悪目立ちするので、余計に安っぽさを際立たせてしまうという悪循環に。

白小物をプチプラで買うときは、オフホワイトやベージュ、アイスグレーなど、ニュアンスのある白系カラーで、マットな素材を選ぶのがおすすめです。

透けてしまう白トップス

プチプラの白トップスは、素材によっては透けてしまうのが要注意なポイント。夏用の洋服はただでさえ涼しく着たいのに、透け防止のインナーを用意しないと着られなかったりすると正直マイナスに……。

同じ形で何色かカラバリがあるなかで、白だけ透けてしまう、というパターンもよくあるので、通販などで購入するときも要注意です。

あえて透け感を楽しむという着こなしもありますが、見えてもOKなノースリーブに白のリネンシャツを重ねるなど重ね着ありきだと、使い方が限定されてしまうので、着回しを考えるのであれば難しいアイテムです。

試着時に濃い色のインナーを着たり、光に透けさせてみたりして、自分が許容できる範囲の透け感かどうか、確かめてから購入するのがおすすめです。

高見えする白のプチプラアイテムを見極めて、賢く取り入れてみてくださいね!
(文:All About 編集部)

All About

「プチプラ」をもっと詳しく

「プチプラ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ