「あたし見える?」うずくまって見えなくなってる……つもりの4歳児にほっこり

2024年7月11日(木)12時55分 おたくま経済新聞


 小さな子どもの発想は、なんとも独創的で面白いもの。Xユーザー「青かんぱち」さんが投稿した4歳娘さんとのエピソードに、11万件もの「いいね」が付くなど、多くの方をほっこりさせています。

 投稿に添付された写真には、窓際で床に突っ伏し、うずくまっている娘さんの姿が写っています。いったい何をしているのでしょうか?
 これはどうやら、身をかがめることで、自分の姿が見えなくなる、と思い込んだことによる行動だったもよう。「メガネを外すと大きいものは見えるけど、小さいものは見えなくなる」という青かんぱちさんとの会話から、”姿を消してみせる方法”を閃いたようです。

 もちろん丸見えではあるのですが……4歳児らしい純粋無垢な姿に、「面白い発想だなと思いました」と青かんぱちさん。メガネを外すとモノが見えにくくなる、という事象の捉え方が、大人と子どもでこうも違うなんて、親ながら「かわいい!」と悶絶する気持ちはよく分かります。
 投稿のコメント欄にも「なんて尊い」「そうじゃないけど大正解」と、娘さんの行動に癒やされる方が続出。なにげない親娘のやりとりに、多くの方が頬を緩めたようです。
 なお、写真の撮影後、「文字とかさ、小さい虫とかさ、そのくらい小さいもののことを言ってるんだよ」と伝えると、やっと「え?見えてるの?」とキョトンとしながら答えていたとのこと。
 その後もおもちゃなどを見せてきては「見える?」と、しばらく質問攻めに遭ったのだとか。この子どもらしい探求心、いつまでも持ち続けていて欲しいものですね。

<記事化協力>
青かんぱちさん(@tasorito)
(山口弘剛)
Publisher By おたくま経済新聞 | Edited By 山口 弘剛‌ | 記事元URL https://otakuma.net/archives/2024071105.html

おたくま経済新聞

「投稿」をもっと詳しく

「投稿」のニュース

「投稿」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ