土星探査機カッシーニからの贈り物は宇宙の音。土星とその衛星エンケラドスとの間に流れるプラズマ波をオーディオ化

7月13日(金)22時30分 カラパイア

00

 土星探査機カッシーニは、20年に及ぶ長い役目を終え、2017年9月15日、土星の大気に突入し燃え尽きていった(関連記事)。

 そのグランドフィナーレで、NASAは最後の記録を行なった。

 カッシーニが集めた豊富な情報のおかげで、NASAの科学者は土星とその衛星エンケラドスとの間でプラズマが作用する様子を捉えることに成功。それは双方の間の磁力線に沿って、まさに電気回路のようにプラズマの波が移動する様子だ。

 このプラズマのデータをオーディオファイルに変換したところ、実に奇妙な「ビュウビュウ」と鳴る音が完成した。 

 土星とエンケラドスの間に流れる宇宙の音を聞いてみよう。


※この動画は16分のものを28.5秒に圧縮し、周波数は5分の1に減らしたものだ。
Sounds of Saturn: Hear Radio Emissions of the Planet and Its Moon Enceladus

・カッシーニがとらえた可聴域の電磁波

 NASAの説明によると、カッシーニはラジオが電磁波を番組に変換するのと同じように、可聴域の電磁波を捉えた。

 米アイオワ大学の惑星科学者アリ・スライマン氏は、「エンケラドスは土星を周回する小さなジェネレーターで、持続的なエネルギー源となっています」と話す。

 「今回、土星が、遠く離れたエンケラドスにつながる磁場線を通じて、プラズマ波のシグナルを放ち反応していることが分かりました」

3_e1
image credit:youtube


・カッシーニがその役目を終える直前の出来事だった

 月とは違い、エンケラドスは土星の磁場にどっぷり浸かっており、地質学的にきわめて活発だ。土星周囲の環境に蒸発し、イオン化する水の源であることも知られている。

 月の場合、地球とそのような作用はない。
 
 カッシーニがこのプラズマ波を記録したのは2017年9月2日のこと。その役目を終えるわずか2週間前のことである。

 太陽系の深淵で20年を過ごしたカッシーニだが、2017年9月15日、土星へ向かって最後の接近を行い、その大気に突入。小惑星と同じように燃え尽きた。

1280px-Cassini_Saturn_Orbit_Insertion_e

 宇宙空間に放置するのではなく、このように処理した理由は、生命の発見が期待されるエンケラドスやタイタンを汚染しないためである。

 カッシーニは1997年10月15日に打ち上げられた。土星の軌道に進入したのは、2004年6月30日のことだ。最大の成果は、エンケラドスを覆う海と熱水活動の発見ならびにタイタンの液体メタンの発見である。

・カッシーニの残した素晴らしい画像

遠くに見える土星の環の影が、白く輝くエンケラドスを引き立てる
9_e

エンケラドスのプルームを突っ切るカッシーニ
11_e

カッシーニの狭角カメラを使い、可視光で撮影されたエンケラドス
12_e

228万キロ先から撮影されたタイタンと土星
14_e

土星の環を背景とする衛星ディオネ
15_e

ディオネとエンケラドス
16_e

環上方に軌道を持つエピメテウス
17_e

環に隠れるかのような衛星プロメテウスとパンドラ
18_e

環の照らされていない側から見た土星の姿。その複雑さが窺える
19_e

タイタンとパンドラ。土星には数多くの衛星があり、それぞれサイズも形状も異なる
22_e

衛星テティス。衝突でできた巨大な凹みの中に天然物質とその質感が見える
24_e

土星を公転するミマスとパンドラ
25_e

タイタンには地球のような雲や湖がある
28_e

ディオネとテティス。
初期の土星周囲にあった環から形成されたと考えられている
29_e
References:NASA Jet Propulsion Laboratory / nasa/ written by hiroching / edited by parumo

カラパイア

「土星」をもっと詳しく

「土星」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ