ゴキブリやダニを育てる飼育員による『きらいになれない害虫図鑑』が発売

7月13日(金)18時47分 マイナビニュース

アース製薬は7月26日、『きらいになれない害虫図鑑 』(税込1,296円)を幻冬舎より出版する。

同社では、商品開発や生態研究のためにゴキブリ100万匹、 蚊とハエ10万匹、 ダニ1億匹など、約100種類の害虫を飼育している。

同書の著者・有吉立氏は、同社の生物研究課の課長。兵庫県赤穂市にある研究所・飼育室で害虫の飼育に携わっているが、もともと有吉さんはゴキブリに限らず、虫が苦手であったとのこと。しかし、飼育するために害虫を観察し、生態を知るうちに恐怖心や偏見はなくなったという。

登場する害虫はゴキブリのほかにカメムシやクモ、アリ、ハチ、蚊、ムカデ、ダニ、マダニ、トコジラミ、ハエ、コバエ、ナメクジ、貯穀害虫、ダンゴムシ、ノミ、衣類害虫、シロアリ、園芸害虫。

同書では、「ゴキブリは人を襲わない」「ハエも蚊も病原菌を持たなければ、恐れなくても大丈夫」など、飼育してわかった害虫たちの意外な素顔をかわいいイラストとともに紹介している。また、生物飼育に奮闘する飼育員たちの様子も掲載した。

マイナビニュース

「飼育」をもっと詳しく

「飼育」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ