高気圧の上に高気圧「1〜2週間は暑い日続く」

7月14日(土)10時45分 読売新聞

 気象庁は14日から本格化した全国的な猛暑について、太平洋高気圧とチベット高気圧の二つの高気圧が同時に日本列島を覆っていることが原因としている。

 同庁の観測によると、大陸のチベット高気圧が、列島上空1万5000メートルの高さに張り出し、折から列島上空を広く覆う太平洋高気圧の上に重なっている。

 太平洋高気圧が列島に暖気をもたらすのに加え、チベット高気圧によって生じる下降気流が地表の空気を圧縮し、気温を更に上昇させているという。

 気象庁気候情報課は「局地的な豪雨の発生はあるものの、1〜2週間は全国的に暑い日が続くだろう」と話している。

ヨミドクター 中学受験サポート 読売新聞購読ボタン 読売新聞

「高気圧」をもっと詳しく

「高気圧」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ