大泉洋、大谷亮平の直筆“手紙”に感動の声続出…「ノーサイド・ゲーム」第2話

7月15日(月)7時40分 シネマカフェ

「ノーサイド・ゲーム」第2話 (C) TBS

写真を拡大

池井戸潤書き下ろしの同名新作小説を大泉洋主演でドラマ化する日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」の第2話が7月14日放送。大谷亮平演じる柴門琢磨が選手たちに送った“手紙”に「素敵だ」と感動の声がSNS上に溢れている。

大泉さんが左遷され低迷するラグビーチーム「アストロズ」のGMとなった君嶋隼人を演じ主演。そんな君嶋を力強く支える妻の真希に松たか子。君嶋を左遷した“天敵上司”・滝川桂一郎に上川隆也、ラグビーの知識と分析能力が豊富な総務部員・佐倉多英に笹本玲奈、君嶋とは大学時代に同級生だったラグビー監督・柴門琢磨に大谷さん、君嶋が勤務するトキワ自動車の社長・島本博に西郷輝彦といったキャスト。


※以下ネタバレを含む表現があります。ご注意ください。
トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のGMとなった君嶋は新監督人事のことで悩んでいた。君嶋はこれまで培ってきた経営戦略室での経験から、チームを優勝させるには優勝経験を持つ者を監督にしたいと考えるが、前GMの吉原(村田雄浩)が残していった候補者には優勝経験がなかった。

そんな折、柴門が城南大学の監督を退任。君嶋は柴門に監督就任を打診するが柴門からは取り付くしまもなく断られてしまう、実は2年前、滝川が監督のオファーしていたがその後断っていたのだ。誠心誠意謝るしかないと君嶋は謝罪の“手紙”を送る。するとそこに書かれた君嶋の名前を見た柴門から連絡が…というのが第2話の展開。


今回は監督を受けるに当たり柴門が選手に対し送った“手紙”に多くの視聴者が反応。過去の試合の映像などを徹底的に分析し、選手1人1人の課題を的確に指摘した直筆の手紙はアストロズの選手たちの心を打ち、結果全員が柴門の監督招へいを受け入れるという展開になったのだが、視聴者からは「柴門さん試合も映像で見て全部手書きの手紙とかすごいな」「この人すごいな…昔のプレイを見て一人一人に手紙出すって」「全員に手紙とか惚れる」といった感想が続々と寄せられた。

柴門の心を開くための君嶋の手紙と、選手の心を開くために柴門が送った手紙。「人の心を揺り動かすキーとして『直筆の手紙』があるの、このLINEやメールの御時世に何ともアナログで原点回帰な感じがして好き」「手紙作戦はシンプルだけにごまかしが効かない分、胸に届くんやろなあ」と、“手紙”がキーとなった今回のストーリーに感動した視聴者からの声がSNSに溢れている。

シネマカフェ

「大泉洋」をもっと詳しく

「大泉洋」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ