ラーメンだけじゃない 栃木県佐野市の隠れソウルフード「いなり寿司」が激ウマ

7月15日(月)18時21分 しらべぇ

栃木県のご当地グルメといえば、宇都宮市の餃子や見た目がアレだがファンも多い『しもつかれ』など、さまざまなものがある。

南部の佐野市では『佐野ラーメン』がずば抜けて有名だが、じつはそれに負けない美味しさを誇る、隠れた佐野市のソウルフードを見つけた。

 

■佐野市最強のいなり寿司とは

それはなんと『いなりずし』佐野市にはいなりずしの名店と言われる店が2軒あり、1軒は佐野駅近くにある『ふみきりすし』で、もう1軒は住宅街にひっそりと店を構える『俵』だ。

栃木ファンに聞いたところどちらも美味しいのだが、俵はとくにオススメだということなので、俵へ行き寿司を買うことにした。

 

■安くてボリュームのあるセットを購入

俵の寿司は生ものは扱わずいなり寿司や海苔巻きが合わさった助六がメインで、それに押しずしやだて巻きが入るセットが数種類販売されている。

しらべぇ取材班が購入した1,000円のセットはかんぴょう巻きが4つにかっぱ巻きが3つ、太巻きとだて巻きが1切れ、押しずしが1つにいなり寿司が3つ入った超ボリューム。

■味のメリハリがある助六

2人で食べてちょうど良いぐらいの量だが、気になるお味は…!!

う、ウマい! 具がどれも濃い味に仕上げられており、酢飯は甘さの無いものなので味のメリハリがバツグン。どの寿司も相当完成度が高いものばかりだ。

 

■佐野市へ行ったら食べてみて

その中でも非常に特徴的だったのがいなり寿司で、おあげの油がかなり残っていたのでさすがにオイリーかと思いきや、これも甘さのない酢飯がたっぷり入っているため絶妙なバランス。

海なし県の栃木だからこそ生まれたのだろう、最強の助六を味わうことができた。

最近はリーズナブルな価格で回転寿司も食べられるのでなかなか助六を食べる機会もなかったが、佐野市へ行ったらぜひいなり寿司や太巻きを味わってみてほしい。


・合わせて読みたい→もうスーパーの寿司には戻れない… 群馬県の持ち帰り寿司店『弁天屋』がコスパ最強


(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男



しらべぇ

「ラーメン」をもっと詳しく

「ラーメン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ