新方式「英検2020 1day」4月上旬まで浪人生の予約可能に

7月16日(火)12時45分 リセマム

2019年度高校3年生(既卒生含む)対象申込スケジュール

写真を拡大

大学入試英語成績提供システムに対応する「英検2020 1day S-CBT(英検2020 1day)」について、日本英語検定協会は2019年7月12日、最新情報を掲載した。進学先が決まらなかった浪人生に限り、2020年3月下旬〜4月上旬に2020年度第2回検定の予約申込みを受け付ける。

 英検2020 1dayは、2020年度に始まる大学入試英語成績提供システムで活用できる英検の新方式のひとつ。リーディングテスト、リスニングテスト、ライティングテストは解答用紙にマークまたは記述するPBT形式、スピーキングテストは録音式として1日で4技能を測ることができる。

 日本英語検定協会では7月2日、英検2020 1dayの2020年度実施概要を発表。予約申込みの際、予約金として3,000円(税込)の入金が必要で、予約金の返金はできないと説明していた。また、2020年度第1回検定(2020年4・5・6・7月実施)を受験するには2019年9月に予約申込み、2020年2月に本申込み、2020年度第2回検定(2020年8・9・10・11月実施)を受験するには2020年1月に予約申込み、2020年6月に本申込みを行う必要があるとした。

 これに対し、「2019年度高校3年生(既卒生含む)の皆さまへの対応について」と題した7月12日掲載の最新情報では、第1回検定の本申込みが2020年1月、第2回検定の予約申込みが2020年2月と、大学受験シーズンのピークにあたり、1〜2月は多くの受験生の進学先が決まっていない状況にあることを考慮。大学入試の合否が決定する2020年3月下旬〜4月上旬にかけて、進学先が決まらなかった高校3年生や既卒生に限り、第2回検定の予約申込みを受け付けると発表した。

 また、2019年度入試で進学先が決まらず、第1回検定を受験したい人の希望に沿えるよう、現在検討中であることも明らかにした。第1回検定の受験については確定次第、Webサイトで発表するという。

 なお、2019年度現在高校2年生で、2020年度に高校3年生になる生徒は、3月下旬〜4月上旬に予約申込みを行うことはできない。

 予約金3,000円については、検定料に割り当てられ、本申込みの際に希望級の検定料と予約金の差額のみを支払う旨をあらためて説明している。

 各回の実施期間内の会場ごとの日程については、予約申込時の受験者の入力情報をもとに会場を確保するため、本申込みが開始されたところで案内するという。

リセマム

「英検」をもっと詳しく

「英検」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ