注目ワード日本・中国 神戸山口組・山口組 峯岸みなみ・卒業 小林麻央・輸血 ハト・ナイキの靴 2017春・最旬モテ髪

BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

"ひ弱なサル"の近親交配が人類を生んだ!? 科学者「障がいや奇形こそ進化に重要な役割」

tocana7月16日(木)7時0分
画像:画像は「Wikimedia Commons」より
写真を拡大
画像は「Wikimedia Commons」より

 優勝劣敗、適者生存、弱肉強食......。生物進化の頂点にある人間は、苛酷なサバイバルレースを勝ち抜いた最も優秀な遺伝子をもった種であるといえるが、決して"強い"種ではなかったという学説が注目を浴びている。古代の原人は虚弱で、仲間の協力がなければ生きていけなかったからこそ、今日の人類に進化できたというのだ。

【その他の画像はこちらから→http://tocana.jp/2015/07/post_6781.html】


■障がいや奇形の多い"ひ弱なサル"が我々の祖先!?

 先頃、人類学系の学術論文サイト「Internet Archaeology」で発表された論文は、これまでの定説である現代総合説進化論(Modern Synthesis)に異を唱えるものになるとして話題を呼んでいる。この論文によれば、我々の祖先となる類人猿は"ひ弱なサル"だったと主張している。

 現在、生物の進化を説明するうえで定説となっているのが、ダーウィンの進化論を修正していくつかの学説を"総合"して組み立てられた「現代総合説進化論」だが、今これが人類学・社会学・古生物学・生態学・遺伝学といった幅広い学問の観点から疑問を投げかけられているという。なぜならば、さらに"総合"する要素が増えたからだ。

「適者生存」の"適者"は、必ずしも肉体的に強くて生殖能力の高い英雄的存在ばかりということではなく、人間の持つ言語能力や抽象思考能力、同情心や利他心の共有という特徴を鑑みれば、種としての試行錯誤のうちに新たな環境適応力を獲得した遺伝的に貧弱な"ひ弱なサル"のグループも含まれているというのだ。そして、進化論上に新たに現れたこの"ひ弱なサル"が最も密接に我々人類に関係しているという。

 さらにこの論文を紹介した「Daily Mail」の記事によれば、この"ひ弱なサル"から時折生まれてくる障がい児や奇形児が進化の重要な役割を担っていたことが指摘されているのだ。


■障がいを持ったメンバーと共存して同情心や利他心が育まれる

 この論文『Complexity, Compassion and Self-Organisation: Human Evolution and the Vulnerable Ape Hypothesis』を執筆した英・ヨーク大学とニューカッスル大学の2人の研究者は、遺伝的な身体障がいが、初期の人類を社会的で協力的な存在にしたと確信している。

 研究によれば、我々の祖先の"ひ弱なサル"は小さなグループで共同生活を送っており、他の類人猿から孤立していたため遺伝進化論的に停滞し、近親交配も多く繰り返され、障がい児や奇形児を産む確率が高かったという。現在の我々の身体的特徴である弱い顎・体毛の薄さ・弱い腕・木に登る能力に欠けたまっすぐな足などは、この頃に多発した身体障がいや奇形の名残りであるというのだ。

 身体的特徴のみならず、障がいを持ったメンバーと共存していくことで同情心や利他心が育まれ、さらに社会的な存在となることで知的な環境適応能力を高めていったのだ。こうして"ひ弱なサル"は苛酷な生存競争のなかで"適者"になっていったのである。むしろその脆弱性を逆に利用して、他の動物にはない行動や思考の柔軟性を獲得したともいえるのだ。

 そして今回の研究で最も重要なポイントは、障がいや奇形は種の退廃ではなく、進化へ向けた可能性であるという新たな視点が加わることになったことだ。そして2人の研究者は、人類の進化の歴史は書き直される必要があると主張している。

 奇しくも前回、イスラム教文化圏の近親婚(いとこ婚)の弊害を取り上げた記事を掲載した。確かに、現在の医学では近親婚により先天性異常の発生率は高まるとされているが、話を人類の進化という壮大な観点からみれば、これもまた一理ある自然の摂理ということになるのだろうか。かといって近親婚が積極的に肯定されるということにはならないだろうが、時にはこのような遠くはなれた広大な視点から、我々人類を眺めてみることも必要なのかもしれない。
(文=仲田しんじ)


※画像は、「Wikimedia Commons」より

Copyright © CYZO Inc. All Right Reserved.

google+で共有する

はてなブックマークで保存する

Pocketで保存する

Evernoteで保存する

最新トピックス

トレンドトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

「人類」をもっと詳しく

注目ニュース
手紙で間違いやすい言葉遣い・敬語トップ3 All About4月19日(水)7時25分
言葉の意味を知って、場面によって使い分けて敬語を使う場面といえば、人と直接会っての対面での会話、電話での会話、そして手紙での言葉遣いと、使…[ 記事全文 ]
日本人の死因第2位の心疾患は、アレを食べれば予防できるかも!? マイナビニュース4月18日(火)10時29分
平成27年版の「人口動態統計」によると、日本人の死因として最も多いものは悪性新生物で、2位は心疾患となっている。[ 記事全文 ]
サクふわの絶妙食感が病みつきに! セブンの蒸しパンをトーストするだけで異次元のおいしさ ねとらぼ4月28日(金)11時35分
セブン-イレブンで販売されている蒸しパンに、切り込みを入れてトーストするとびっくりするぐらいおいしくなる、というレシピがネット上で流行して…[ 記事全文 ]
リベリアで原因不明の病気 WHO、11人が死亡 共同通信 47NEWS4月29日(土)5時20分
【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)報道官は28日、ジュネーブで記者会見し、西アフリカのリベリアで19人が原因不明の病気にかかり、うち…[ 記事全文 ]
「子役も深夜まで拘束」ブラックすぎるドラマ現場を関係者が暴露 tocana4月29日(土)9時0分
上質なドラマ製作にも定評がある民放衛星局「WOWOW」。だが、今年1月に行われたドラマ『東京すみっこごはん』の撮影において、出演者の子役女…[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 にゃんこの受付スタッフ現る? 介護施設の入居者ほっこり クランクイン!4月28日(金)19時15分
2 森喜朗 VS 押尾学の「最終決戦」が近づいている! 暴露本出版で“ドス黒い闇”に言及、東京五輪にも影響必至か!?tocana4月28日(金)9時0分
3 リベリアで原因不明の病気 WHO、11人が死亡共同通信 47NEWS4月29日(土)5時20分
4 サクふわの絶妙食感が病みつきに! セブンの蒸しパンをトーストするだけで異次元のおいしさねとらぼ4月28日(金)11時35分
5 手紙で間違いやすい言葉遣い・敬語トップ3All About4月19日(水)7時25分
6 富士急ハイランド「ドドンパ」が「ド・ドドンパ」に今夏リニューアル 世界最大級のループを持つコースターねとらぼ4月28日(金)15時30分
7 「子役も深夜まで拘束」ブラックすぎるドラマ現場を関係者が暴露tocana4月29日(土)9時0分
8 認知症の親が通販で買った「不用品」の山、「知らない」の一点張り…購入を防ぐには?弁護士ドットコム4月14日(金)10時3分
9 日本人の死因第2位の心疾患は、アレを食べれば予防できるかも!?マイナビニュース4月18日(火)10時29分
10 「中二病」って病気なの? 治し方を精神科医に聞いてみたねとらぼ4月28日(金)8時0分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア