55歳、貯金3000万円。会社を辞めて、月10万円程度のバイトで暮らしていきたい

7月18日(日)20時5分 All About

家計の悩みにお答えする「マネープランクリニック」。今回のご相談者は、大学生の子どもと母親と暮らす55歳の会社員男性です。現在の役職がしんどく、会社を辞めて月10万円ぐらいのバイトをして生活したいとのことですが……。

写真を拡大

働けるのなら70歳まで働こうと思っています

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。
今回のご相談者は、大学生の子どもと母親と暮らす55歳の会社員男性です。現在の役職がしんどく、会社を辞めて月10万円ぐらいのバイトをして生活したいとのこと。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦さんがアドバイスします。

相談者

ともさん
男性/会社員/55歳
東京都/持ち家(マンション)

家族構成

母(77歳)、子ども(大学3年生)、もう一人の子は独立

相談内容

離婚して持ち家マンションに母親と子どもと暮らしています。ローンは完済しています。母親はとても健康で77歳ですが90歳くらいまでは元気だと思います。母親の年金は月に20万円くらいです。介護が必要になったら施設に入れてほしいそうで、その費用も自分で用意しているようです。
子どもの学費は支払い済みなので、費用はかかりません。クルマはあと10年くらいで乗りつぶすつもりで新車を買いました。退職金は前の会社でもらっているのでありません。確定拠出年金が450万円、60歳からもらえます。生命保険は月5000円(医療、所得補償、傷害)、会社の共済に入っています。
精神的に今の役職はしんどいので、できたら今の会社を辞めて、月に10万円程度のバイトで暮らしていきたいと考えています。働けるのなら70歳まで働こうと思っています。ねんきん定期便を見ると15万円くらいはいただけそうです。何卒アドバイスをお願いいたします。

家計収支データ

ともさんの家計収支データは図表のとおりです。
相談者「とも」さんの家計収支データ

家計収支データ補足

(1)ボーナスの使い道について
クルマの維持費10万円、家電などの大きな買い物や予備費として20万円、旅行・レジャー費10万円、家族の小遣い10万円、貯蓄30万円
(2)確定拠出年金について
確定拠出年金の450万円は、投資の1000万円とは別にあり、60歳で一括してもらう予定です。
(3)家計収支について
毎月の家計収支で、8万5000円の黒字ですが、何かに支出してしまっています。
(4)住居費について
毎月の3万円は修繕積立金、管理費です。
(5)車両費について
マイカーローンはなく、現金で新車購入。毎月の支出は、ガソリン代、保険料、駐車場代などです。実質は2万円くらいかもしれません。
(6)働き方について
現在の仕事を辞めた場合、ツアーコンダクターの資格を持っているので、コロナ収束後になりますが、旅行業の添乗員のアルバイトをしたいと思っています。-

FP深野康彦の3つのアドバイス

アドバイス1:生活をコンパクトにできれば、計画どおりで大丈夫
アドバイス2:母親から生活費を入れてもらうことも考えて
アドバイス3:すべて自分でまかなうなら、できるだけ長く働く

アドバイス1:生活をコンパクトにできれば、計画どおりで大丈夫

よくここまで頑張ってこられたと思います。住宅ローンは完済、お子さん2人の教育費も出され、1人はすでに独立。母親との同居も立派です。でも、ともさんには、ともさんの人生があります。今の仕事がつらいのであれば、無理せず会社を辞めて、ゆっくりとした生活を送られてもいいのではないでしょうか?
老後資金としていくらあれば大丈夫かは、人ぞれぞれですが、現在3000万円の金融資産に加えて、60歳時に確定拠出年金として450万円、合わせて3450万円ありますから、公的年金の受給が始まる65歳まで、どう生活をしていくかがポイントになるでしょう。
現在の家計支出は21万5000円。そのうち車両費は2万円ぐらいかもしれないとのこと。また会社を辞めれば、会社で加入している共済の掛金5000円はなくなり、結果的に、月20万円ほどの生活費になります。これまでボーナスからの支出が年間50万円ありますから、65歳までの10年間で500万円は貯蓄からの取り崩しになります。
今後、大きな出費は予定されていないとすると、生活費の不足分をどうするかを考える必要があります。現在、毎月の黒字分は、自然と何かに使っているとのことですが、今後は家計管理をしっかり行って、生活をコンパクトにしていくこともポイントになるでしょう。

アドバイス2:母親から生活費を入れてもらうことも考えて

さて、毎月の生活費の不足分ですが、ひとつには母親の年金から10万円は家計に入れてもらうことを検討してみてください。
仮に、ともさんの収入が10万円、お母さまからは10万円。これで毎月の生活費をまかなえば、貯蓄からの取り崩しは年間でかかる支出の500万円のみです。ともさんが65歳時点で、2950万円残せることになります。その時点でお母さまは87歳。お元気でいてくれることが一番ですが、もし介護が必要になり、施設入居ということになれば、ひとりの生活費になりますので、公的年金の15万円でまかなえるのではないでしょうか。
お母さまから生活費をだしてもらうのは気が引けると思うかもしれませんが、お母さまも、ともさんが老後を安心して過ごせることを願っているのではないでしょうか? バイトでの収入を、10万円ではなく15万円とするならば、お母さまの負担は5万円。そんなふうに、考えてみてはいかがでしょうか?

アドバイス3:すべて自分でまかなうなら、できるだけ長く働く

やはり、月10万円は働くとして、生活費20万円は全額自分が負担する、ということであれば65歳時点での金融資産は1750万円となります。これで大丈夫と思えたら、それでも構いませんし、少し心もとない、ということであれば、仕事のペースを落としてでも70歳まで働くことも視野にいれてください。
ご相談文では70歳まで働くつもりがあると書かれていますが、その際は、月10万円ではなく8万円程度でも大丈夫です。65歳からは公的年金がありますから、合わせて23万円。生活がコンパクトになっていれば、ここから貯蓄の上乗せもできるでしょう。
いずれにしても、貯蓄の取り崩しはできるだけ後送りにしていただきたいことと、自分の人生のために、無理をせず健康でいることを一番に考えてください。会社を辞めてしばらくは、失業給付もありますから、少し休養をとられてもいいかもしれませんね。
注意点としては、会社を辞めた翌年は、住民税や国民健康保険、国民年金保険料などの支払いがあり、一時的に貯蓄からの取り崩しになるかもしれません。その翌年の税金や国民年金保険は所得に応じて抑えられると思います。国民年金保険は、できるだけ満額になるように加入は継続してください。
ともさんとお母さまが、心身ともに健康で過ごされることを願っています。

相談者「とも」さんから寄せられた感想

深野先生の親身なアドバイスとてもありがたかったです。ほっとさせるようなコメントで気が楽になりました。中身もとてもわかりやすかったですが先生の優しさが伝わって気持ちが良いです。
逆に今の会社でもう少し、できたら5年頑張ってみようかなと思います。FPさんはこういう思いやり・聴き力が大事ですね。コンサル技術抜群の深野先生に感謝です。
教えてくれたのは……
深野 康彦さん
マネープランクリニックでもおなじみのベテランFPの1人。さまざまなメディアを通じて、家計管理の方法や投資の啓蒙などお金まわり全般に関する情報を発信しています。All About貯蓄・投資信託ガイドとしても活躍中。
取材・文/伊藤加奈子
(文:あるじゃん 編集部)

All About

「貯金」をもっと詳しく

「貯金」のニュース

「貯金」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ