「初対面の好感度アップ」で恋のスタートダッシュを切ろう

7月18日(木)20時0分 ハウコレ



人の印象は、話したり、一緒に過ごしたりすることで更新されていきますが、やはりイメージとして残りやすいのは、初対面の印象!


そこで今回は、初対面から好感度を上げる、質問をまとめてみました。


■●「得意なことってなんですか?」

「得意なこと」は、たいてい自分の好きなことや、自信のあることでもあります。それを話して、褒められたり、驚いてもらえたりすると、嬉しいものですよね。


しかし、こういうことって、聞かれなければわざわざ自分から話しにくいものでもあるので、質問してあげることで、まず「話す機会」を相手に与えるのです。


特に男性は、「自尊心(プライド)」を刺激することで、自分に価値を感じ、気分が良くなる生き物。得意なことを聞いて、答えが返ってきたら、驚いたり褒めたりしてみましょう。


もう少し追加で、どういったところが好きか、どんな努力をしているのかを聞いてみるのもおすすめですよ。


■●「それいいですね!どこで買ったんですか?」

男性が身に着けているもので、なにか目につくものがあれば、どこで買ったのかを聞いてみましょう。


その品は、密かにお気に入りのものだったり、思い出の品だったり、こだわりのあるものかもしれません。
そうしたものに気付いてもらえると、女子でも嬉しく感じますよね。


ときには、「覚えてない」「特にこだわりはない」という答えが返ってくることもあるかもしれませんが、「そうなんだ〜。なんかいいなって思って!」と、褒めてあげればOK。


よく見てくれているな、自分に興味を持ってくれていると感じてもらえれば、好感度アップに繋げられますよ。


■●「普段なんて呼ばれてますか?」

あだ名を尋ねることで、相手との距離を縮めるのが狙いです。普段の呼ばれ方、と言われて頭に浮かぶのは、「自分が近しい人になんて呼ばれているか」。


そのため、同じ呼び方ができれば、同じように親しみのある存在に近づけます。


もちろん、初対面ですぐそう呼べるかどうかは、相手や雰囲気にもよりますが、馴れ馴れしいと感じるのであれば、「仲良くなったら、私もそう呼んでいいですか?」と聞けばOK。


この一言を伝えるだけでも、仲良くなりたいという気持ちを伝えることができますよ。


■●「〇〇って好きですか?」

「好きなものは何ですか?」という質問よりも、対象を限定した質問が◎。YESかNOで答えられるで、相手もスイスイ答えられ、話も広げやすくなります。唐突に質問すると、「え?」となりかねないので、話題の中で質問できるチャンスを伺ってみましょう。


対象を限定した質問は、男性が好む、「深く濃い」話題にもなりやすいもの。女子の場合は、どちらかというと「浅く広く」ですので、より男性向きの質問と言えるはずですよ。


答えが返ってきたら、共感したり、どんなところが好きかなども聞いたりしてみてくださいね。


■●「〇〇な子と〇〇な子、どっちが好きですか?」

これも、「どんな子がタイプですか?」と聞くより、対象を限定して、相手が答えやすくした質問です。あっちかこっちかと言う話なので、「どちらも好みではないけど、あえて言うならこっち」という場合でも、会話が続けることができます。


彼の好みを知ることもできますし、同時に「こういうタイプの女子はちょっと苦手」という情報も引き出せますよ!


■●おわりに



一目惚れでもない限り、「ちょっといい仲」になるにはきっかけが必要です。質問することは、相手に興味があることを伝えられますし、相手の情報収集にも繋がります。


答えやすい尋ね方をして、みなさんも、そのきっかけを掴みましょう!(織留有沙/ライター)


(ハウコレ編集部)

ハウコレ

「好感度」をもっと詳しく

「好感度」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ