最大150インチで投影できるAnkerのAndroid搭載モバイルプロジェクター「Anker Nebula Mars II」が発売

7月19日(金)10時0分 ガジェット通信

最大150インチで投影できるAnkerのAndroid搭載モバイルプロジェクター「Anker Nebula Mars II」が発売

写真を拡大

アンカー・ジャパンは7月19日、Android OSを搭載したコンパクトサイズのモバイルプロジェクター「Anker Nebula Mars II」を発売しました。コンパクトサイズながら300ANSIルーメンの明るさで最大150インチの大画面が投影できるのが特徴です。

Android 7.1を搭載。「YouTube」「Amazon Prime Video」「Netflix」などのアプリをインストールして映像を最長4時間楽しめます。付属のリモコンはマウス操作にも対応。専用アプリを使わなくてもリモコンだけでポインターを操作できます。

10W出力のスピーカーを2基搭載し、迫力あるステレオサウンドを深みのある低音と共に再生可能。音楽再生なら約30時間の連続動作が可能で、Bluetoothスピーカーとしても重宝しそうです。

本体上部にはハンドル、レンズ部分にはメカニカルシャッターを搭載。リビングから寝室に移動して使用したり、家から持ち出してアウトドアでも楽しめます。価格は6万98000円(税込み)。Amazonで販売する初回40個には、Amazonで使用可能な20%相当のポイントがプレゼントされるとのこと。

「Anker Nebula Mars II」主な仕様
解像度:1280×720画素
輝度:300ANSIルーメン
充電時間:約3時間
再生時間:
動画 約4時間
音楽 約30時間(Bluetoothスピーカーモード時)
接続:Wi-Fi/HDMI/Bluetooth 4.0/USB Type-A
サイズ:約122×137×178mm
重さ:約1483g
パッケージ内容:Anker Nebula Mars II、AC電源アダプター、リモコン、クイックスタートガイド

—— 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

ガジェット通信

「Android」をもっと詳しく

「Android」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ