水樹奈々が愛した絶品カレー店 知る人ぞ知る裏メニュー「奈々SP」食べてみた

7月20日(土)11時0分 Jタウンネット

水樹奈々さんとオーベルジーヌの「奈々スペシャル」

写真を拡大

紅白歌合戦にも出場した声優で歌手の水樹奈々さんの名前が付いたカレーがある——。テレビの制作会社で働く友人からこんな噂を聞いた。



そのメニューがあるというのは東京・四谷にある「欧風カレー オーベルジーヌ」。このお店は芸能人が好きなロケ弁としてよく名前のあがる有名店だ。


教えてくれた友人に詳しく話を聞くと、水樹さんの名前を冠しているものの裏メニュー扱い。頼んだことはないから、本当に存在するかはわからないとのことであった。


彼女のファンたちの情報を収集していると、実在している可能性が非常に高そう。であれば行くしかない。


危険なほどデリシャス



地下鉄・四谷三丁目駅から歩いて数分のところにあるオーベルジーヌの四谷本店に足を運んだ。


以前は店内での飲食もできたようだが、2019年7月現在はテイクアウトとデリバリー専門。ここで買って会社に持ち帰ることにした。


到着早々、看板に気になる貼り紙を発見。そこにはこんなことが書かれていた。



裏メニューと聞いていたが、思い切り「元祖 奈々SP」の文字がある。これは裏と呼んで良いのか。


そもそも水樹さんとオーベルジーヌのつながりが見えてこないのだが、かつて文化放送が四谷にあったころ、彼女が頻繁にこの店を訪れていたという。


当時は店内での飲食も可能、水樹さんはチキンカレーと海老カレーを交互に食べていたそうで、好きなメニュー2つの具材を組み合わせたのが奈々スペシャルだと言われている。


ちなみに奈々スペシャルの名前がついてからも本人は食べていたようで、07年3月23日のブログにはレシートがアップロードされているほか、08年6月27日のブログにはリハーサルの晩飯として36人前をデリバリーしてもらった様子が投稿されている。


また店内の食事風景を写した写真もあり、思っていた以上にドはまりだったよう。


ちなみに、オーベルジーヌのスタッフが独立して開店したと言われる東京・芝の「ルルマージュ」というカレー店にはNew奈々スペシャルがあるとの話も。こちらも裏メニューのため、行ってみないとわからないが、水樹さんは最近こちらの店舗のものを食べているとの話もあった。



店内に入り、メニューも見ずに「奈々スペシャルをお願いします」と告げるとすぐに通じた。これで通じなかったら赤っ恥もいいところ。


メニューに載っていないため値段の計算少し時間がかかった。レギュラータイプは高くても1674円(税込)であったが、奈々SPは1900円だ。



冷めないためにも、急いで麹町の会社に戻って、蓋を開けた。食欲をそそるカレーの香りに酔いしれつつも、具の多さに驚く。


バターライスも初めての体験。カレーを食べる前に一口食べると少しだけ甘みを感じた。



ジャガイモが丸ごと入っているのもオーベルジーヌの特徴。ジャガイモ好きにはたまらない。


食べてみると、今までに食べたことのないカレーの旨味とじわりじわり迫ってくるスパイスの香ばしさ。舌を通るカレーがパレードをしながら胃袋に向かっているようだ。



そしてカレーの具も一級品。量の多さもさることながら、種類も多い。ブロッコリーやアスパラガスなどカレーの具として中々見ないもの。カットしてあるのと丸ごとのマッシュルーム、うずらの卵など。口の中で溶けていく鶏肉も絶品だ。



最後は大好きなジャガイモを付属のバターとともにいただく。



じゃがバターのために祭りの屋台に行く必要がなくなるほどの旨味に仕事を放り出してしまいそうになった。


食べ終わって満腹なのに、なぜか「また食べよう」との気にさせてくれる。このカレーならいくらでも食べられそうだ。


オーベルジーヌの以外のカレーはしばらく遠慮したい。数日は残るであろう、この幸せに浸りたい。

Jタウンネット

「カレー」をもっと詳しく

「カレー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ