知ってた?和歌山人のソウルアイス「グリーンソフト」に、ほうじ茶味があった

7月21日(日)18時0分 Jタウンネット

和歌山名物「グリーンソフト」は有名だが...

写真を拡大

和歌山県民にお馴染みの「グリーンソフト」。グリンちゃんというアヒルのマークが特徴の抹茶アイスだ。


グリーンソフトは都内のアンテナショップでも購入できるが、和歌山には同じメーカーが製造する「ほうじ茶ソフト」という別バージョンが存在するという。



製造しているのは玉林園(本社・和歌山市)。ツイッターでは数年前から目撃情報が寄せられているが、今年に入ってからその認知度をじわじわ高めつつあるようだ。


「グリーンソフトに次いで、さっぱり味で美味しかったです」
「ほうじ茶味の硬いソフト(ややこしw)知らなかったなぁ。カップアイスは画像で見たことある」
「当たり前?やけどグリーンじゃない。HYDEも食べたかな?三重県のオークワでもほうじ茶ソフト売ってくださいw」



個人的に一番うまい抹茶アイスだと思ってる和歌山名物グリーンソフトですが、知らない間にほうじ茶アイスが出ていた pic.twitter.com/T4Rn9M1iat
- ミオジョウ (Joe Mio) (@jmworks) May 12, 2019

グリーンソフトのほうじ茶版あるって知ってた???マツゲン限定販売らしいからとりあえず食べてみて!!うはー。ほうじ茶アイスまじすき!!! pic.twitter.com/7UuAGT9TJu
- Gumi。 (@Gumiii0w0pq) June 8, 2019

ほうじ茶ソフトは何年も前からあるはずなのに、グリーンソフトに比べて存在感が薄く、なんと玉林園の公式サイトでも確認することができない。その存在は知る人ぞ知るといったところだが、編集部では幸運にもアイスを入手することができた。


ほうじ茶ソフト、どこに売ってるの?


まずはグリーンソフトを入手するため、都内のアンテナショップに向かう。せっかくなのでグリーンソフトとほうじ茶ソフト、両方を食べ比べてみようという趣向だ。


ショップでグリーンソフトを購入しようとすると、スタッフから「HYDEさんのファンですか?」と一言。和歌山出身のHYDEさんはグリーンソフトが好物とのことで、一時HYDEファンの間で人気になったようだ。



だが、やっぱり肝心のほうじ茶ソフトはない。和歌山出身だというスタッフに聞いてみたが、その存在も知らなかったという。通販でも買えそうにないので困っていると、編集部員の一人が和歌山在住の知人に連絡し、現地で購入したものを送ってくれた。


ツイッターの情報によれば、大阪・和歌山で展開するスーパーマーケット「マツゲン」で販売されているらしい。


すべての店舗にあるとは限らないようだが、知人もマツゲンで入手してきてくれた。アンテナショップで買ったグリーンソフトは税込216円、ほうじ茶ソフトは300円台とのことなので、少し高くなっている。



グリーンソフトのパッケージはグリンちゃんだけだが、ほうじ茶ソフトには「チャーミーちゃん」も登場。さっそく袋を開けると、グリーンソフトとは色違いの紙で上部がすっぽり包まれている。紙を取るとアイス部分がコーンで包まれ、見た目はグリーンソフトと変わらない。




まずはベージュ色のほうじ茶ソフトから食べてみる。コーンを付けたまま食べようとしたが、1度はがしてしまったためかすぐに取れてしまった。キンキンに凍らせたため固く、なめるようにして食べる。全体的に少し甘いが、ほんのりとほうじ茶の渋みが感じられる。


緑色のグリーンソフトはしっかりと抹茶の味が感じられ、甘さ控えめだ。かぶさったコーンと食べることでサクサク感が増す。どちらもすっきりとした後味なので、大人でもおいしく食べることができる。


HYDEさんはほうじ茶ソフト食べたことがあるだろうか...。和歌山に行った際はぜひ探してみてほしい。

Jタウンネット

「和歌山」をもっと詳しく

「和歌山」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ