一生後悔するかも……不倫の恋愛でやらかしがちな失敗談

7月22日(月)7時30分 yummy!

不倫はいけないこと……
頭ではわかっていても止められないからこそ、世の中から「不倫」の言葉は消えないのでしょう。
「気をつけているし、私は大丈夫! バレるわけない!」
みんながそう思っていてやらかしてしまう、不倫の失敗あるある。
他の人の失敗から学んで、本当に不倫の恋に飛び込む覚悟があるのか……確かめてみては?

職場不倫の失敗……名前で呼んでしまった


職場の上司、あるいは同僚、後輩。一度「素敵だな」と思ったらついつい目で追ってしまったり、飲み会のあと、油断しているときにホテルへ誘ってしまったり。
相手が既婚者でも、自分が既婚者でも、その両方でも恋心には関係ありません。だって、誰かを好きだと思う気持ちは止められませんから。
しかし……相手の奥さんや自分の旦那も一緒にいる場で、ついいつものように「だよね、○○」なんて呼んだら、一発で怪しまれます。
しかも「自分は絶対に大丈夫!」と思っていた人ほど、ふとした瞬間に“いつもの呼び方“をしてしまうようです……
仕事中のことをパートナーに愚痴っているときも気を抜けません。
職場では、不倫相手と関わるタイミングや不倫相手の話題になったときには、細心の注意を払う必要があります。親しくしても、あからさまに避けても、周囲は気づくもの。

親しいママ友に不倫話をして……


ママ友に「いま、誰と不倫してて……」と話してしまうおっちょこちょいな人も、意外と多いのが事実。
既婚者の彼が近所の奥さまや旦那さまに話してしまい、間接的に彼の奥さんが不倫の事実を知ってしまう危険性もあります。
あなたがどんなに気を遣っていたとしても、彼が口を滑らせたら最後です。
結婚しているのに、奥さん以外の女性を求める男性を信用しては危険! 既婚者のお誘いは、どんなに魅力的に思えても、きっぱりと断る勇気が大切です。

失敗! つい気が緩んで、不倫相手と避妊忘れ……


そんなことってあるの?
と思った方も、要注意です。不倫はいけないこと、バレたらおおごとになる……そう強く思っていれば思っているほど、不倫の恋愛にのめり込んでしまう傾向があります。
禁止されるとかえってそれをしたくなる。こういう心理がはたらくのです。
「一回くらい……」「そう簡単に子どもなんてできるわけない……」とたかを括っていると、「もう一回なら大丈夫」「この間のがすごくよかったから、いいよね」と、徐々に危機感が薄れていきます。
そしてあるとき、取り返しのつかないことになってしまうのです。
子どもはできなかったとしても、特にあなたが既婚者の場合、病気をもらってしまう可能性もあります。こればかりは、お互いに避けようがない問題。
根拠もなく「大丈夫!」と思ってしまいたくなりますが、一度じっくりと考えてみましょう。
もし万が一子どもができてしまったら、今の日本では中絶をするのも大変。強い意志をもって、不倫は断るのが一番です。

おわりに


避妊をしっかりとしていたとしても、不倫がバレてしまったり、怪しまれてしまったりすることはあります。一旦疑われると、結婚相手だけでなく両親や兄弟、そして社会からの信頼も失ってしまうのが不倫。
その深刻さをきちんとわかった上で、不倫の恋に飛び込むのか……判断できるといいですね。
(廣瀬伶/ライター)

yummy!

「不倫」をもっと詳しく

「不倫」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ