都内初!40度超の青梅市に、「暑い街」アピールしていくのか聞いてみた

7月24日(火)17時0分 Jタウンネット

Kenji Satoさん撮影、Flickrより

写真を拡大

全国各地で35度以上の猛暑日が連日続く中、とうとう日本新記録が樹立された。2018年7月23日、熊谷市(埼玉県)で41.1度を記録。従来の41.0度(高知県四万十市、13年8月)を0.1度上回った。


一方、東京都青梅市でも同日、都内では史上初となる40度超え(40.8度)を記録。歴代ランキングでも4位に躍り出て、熊谷市、多治見市(岐阜県)、館林市(群馬県)など、最高気温ランキング上位に名を連ねる「暑い地域」として名を馳せることになった。


市長「大変驚いている」


全国的に有名な「暑い街」といえば、なんといっても熊谷市だ。例年夏になると「熊谷では......」と報道され続けてきたこともあってか、暑い地域として知られている。暑さ対策を啓発しようと、「日傘男子広め隊」という活動も17年に始めた。気象庁の発表によると、18年も7月13日から24日現在まで、11日連続で猛暑日が続いている。


一方で、「青梅市が暑い地域」と聞いてもピンとこない人も多いのではなかろうか。東京都の西部に位置する青梅市。近隣自治体には自然豊かな奥多摩町があり、都心と比べると比較的涼しい地域に囲まれているように感じる。


だが青梅市のここ数日の最高気温を見てみると、熊谷市と同様に7月13日以降、最高気温が35度以上の猛暑日が続いていた。22日の37.2度から、23日に一気に40度以上へグレードアップ。同市での最高気温歴代2位は2001年の38.5度であったことから、今回の40度超えは、まさに新時代の幕開けと言えそうだ。


Jタウンネットが24日、都内初の40度超えについて、青梅市に感想を求めたところ、こんな浜中啓一市長のコメントが返ってきた。


「青梅市内で40度を超えたことは大変驚いている。市民へ対してはホームページや行政メールなどで熱中症などの健康管理を喚起していますが、今後も引き続き市民の健康管理を第一に暑さ対策に取り組んでまいります」

広報課に今後、暑さを売りにPR活動を行っていくのか、と聞くと、「今のところ、暑さを観光PRに持っていく予定はないです」とのこと。


なお、青梅市内で40度超えが記録されると、「気温の測定地点はどこですか」といった問い合わせが来るなど、市民からも驚きや戸惑いの声があったようだ。

Jタウンネット

「青梅市」をもっと詳しく

「青梅市」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ