高校生がわいせつ目的で女児を誘拐 卑劣すぎるその手口とは…

7月25日(木)15時21分 しらべぇ

小学生 女児(anurakpong/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

警察庁によると、2017年の未成年者の略取誘拐の検挙件数が76件。うち小学生が被害者となった数29件。今回は東京の都立高校生による事件が発生した。しらべぇ取材班は、警視庁と教育委員会を直撃。

 

■女児を脅して…

警視庁は、東京都大田区居住の都立の男子高校生(17)をわいせつ目的の誘拐の疑いで逮捕した。

男子生徒は7月8日午後5時頃、大田区の路上で小学1年の女の子(6)に「お金を落とした。一緒に探して」と声を掛ける。そして、300メートルほど離れた神社まで連れて行くと「服を脱いで、裸の写真を撮らせて」と脅した。

女の子が嫌がると「脱がないと裸の写真をネット上にばらまく」などと脅し、自己の支配下におき誘拐。しかし、近くにいた女性に気付かれ男子生徒は自転車で逃げたため、女の子は無事だった。

調べに対し、男子生徒は容疑を認めてる。付近では5月にも同様の事件が起きていたということで、警視庁が余罪がないかなどについて、慎重に調べている。

 

■教育委員会は静観

東京都教育委員会は、しらべぇ編集部の取材に対して、

「今回の事件は個人的な問題と捉えている。そのため、この件を受け何か具体的に行うということは考えていない。SNS使用に関しては、ホームルームなどで指導を常に行っている。

 

また外部に依頼してサイバーパトロールも実施中。『心を育てる』教育を引き続き行っていく」

 

と答えた。

 

■「心の傷が治りますように」

事件への驚きとともに、この高校生の将来を懸念する声もあがっている。

「これはもう病気では。再犯率高いので、今後目を離さないでほしい」

 

「女の子かわいそうに。心の傷が早く治りますように」

 

「どんな教育を受けてきたんだろうか」

 

「スマホやネット環境の弊害が確実にあると思う」

 

幼い児童、そして被害者の家族が負った傷は計り知れない。社会全体で、このような卑劣な犯罪が起きない仕組みを真剣に考える必要がある。


・合わせて読みたい→女子高生を執拗に追い回した男を逮捕 卑劣な行為に「すごい悪質」と怒りの声


(文/しらべぇ編集部・おのっち



しらべぇ

「高校」をもっと詳しく

「高校」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ