夫の「腹違いの妹」が臨月のおなかを抱えて転がり込んできた?「義理」のつく関係は難しい…

7月26日(月)22時15分 All About

結婚は本人たちの意志「のみ」に基づくものだが、結婚後の親戚や一族とのつきあいは「したくないから」と無碍に拒絶するわけにもいかない。「義理」のつく関係は、いろいろとめんどうだしむずかしいものだ。

写真を拡大

夫の「腹違いの妹」に振り回される日々

結婚は本人たちの意志「のみ」に基づくものだが、結婚後の親戚や一族とのつきあいは「したくないから」と無碍に拒絶するわけにもいかない。「義理」のつく関係は、いろいろとめんどうだしむずかしいものだ。

結婚後、初めて知った義妹の存在

30歳のとき、2年つきあった同い年の彼と結婚したユミさん(38歳)。ふたりとも都内に実家があるため、両方の中間地点あたりに新居を構えた。
「本当はうちの実家に近いほうにしたかったんですが、彼に『それは不公平だ』と言われて……。まあ、彼はひとりっ子だから自分の実家に近いところに住みたかったでしょうけど。お互いに納得して妥協したという感じですね」
共働きを前提にしていたので、2年後に子どもが生まれてからは家事も育児もゆるやかに分担するようになった。そのことについて夫との間に諍いはいっさいなかった。
「ただ、子どもが生まれて半年ほどたったころ、なんだか夫の様子がおかしくなったんです。帰宅時間も不規則だし、週末もちょっと出てくると出かけてしまう。家にいるときは子どもの面倒をよく見るんですが、なんだか悩んでいるような考え込んでいるような。もしかしたら、よくある妊娠中から続いている浮気か、と疑ったんですが、問い詰めると夫が『ユミに話していないことがある』と。実は夫には、腹違いの妹がいるんだそうです。そういえば私は自分と夫が結婚してからの戸籍は見たことがあるけど、夫の実家の戸籍は見たことがなかった。夫のお父さんが他の女性と浮気してできた子で、一時期はそちらで生活していたこともあるそうです。認知しているので、夫にとって義妹ということですね」
聞いたときは、それは夫の両親の問題だし、義妹がいても別にいいじゃないと彼女は思ったという。
「だけど夫の様子がおかしかったのは、その義妹が夫の実家に乗り込んできて、ここで暮らすと言っているからでした。夫はたびたび実家に出向いて、義妹と両親の話を聞いていたそうです」
義妹の母親が再婚し、家にいづらくなったらしい。だが当時20歳だった義妹は仕事もしておらず、自立のめどがたたない。だから「お父さん」の家に住みたいということになったのだ。義妹は実家に居続けた。それがストレスになったのか、義母が倒れてしまう。
「義母にしたらたまらないですよね。夫の浮気で認知した子がいる。義母としたら思い出したくない事実かもしれない。それなのにその娘がやってきて居座ってしまうなんて。ついお義母さん、かわいそうと思ったんです」
事情を話して実家に子どもを預け、入院した義母を足繁く見舞った。ところがユミさんが行くことを知った義妹がある日、病室前で待ち受けていた。
「ユミさんですよねと話しかけられて、『お義母さんのめんどうは私が見るから来ないでください』って。あなたが夫の義妹だということは、私にとっても義妹なのに、どうしてそんなに攻撃的な言い方をするの、と尋ねました。すると『私には財産をもらう権利がある』と言い出すんですよ。帰宅してから夫にそのことを言ったら、『ごめん、あいつはそういうヤツなんだよ』と。どうやってつきあっていけばいいのかわかりませんでした」
義妹はいつの間にかいなくなった。ユミさんは「家から出て行ったらしい」という夫の言葉を信じていたが、実際は義父がアパートを借り、当面の生活費も与えていたことを後から聞かされた。

ある日突然やってきて

それから2年後のある日、夫が義妹とともに帰宅した。義妹のおなかは今にもはちきれそうだ。すでに臨月に入っているという。
「結婚していないし、『誰の子かわからない』と泣くんです。お腹の子に罪はないし、帰るところもないと言う義妹に冷たくはできなかった。義妹は私に『いつかはひどいことを言ってごめんなさい。お義姉さんにはお世話になります』と殊勝に頭を下げました。しかたないですよね。でも私は昼間はいないから、生まれるまでは実母にときどき見に来てもらうことにしました」
ところが義妹は、臨月のお腹を抱えて平気で出歩く。ユミさんの母が「家にいたほうがいいわよ」と言うと、「うるさいんだよ」と罵られたと嘆いているのを聞いて、ユミさんは「嫌な予感がした」と言う。
無事に子どもは生まれたが、22歳の若い義妹は、自分が動けるようになると子どもを置いて出かけてしまうこともあった。
「義母は倒れたときからずっと入退院を繰り返していて、体調がよくない。義父はまだ働いていましたし、誰も面倒を見られないんです。腹を立てながらも、私の母がよく面倒をみていました」
事態は膠着したまま、時だけが過ぎた。現在、ユミさんの子が6歳、義妹の子は4歳になる。そして義妹の子は、ときどきユミさんの実家やユミさん宅で過ごしている。
「夜中に義妹がやってきて寝ている子どもを置いていくこともあるし、朝起きたら玄関の前に子どもが立っていたこともある。お義父さんには、義妹の母親に連絡をとってほしいと言ったんですが、それができているのかどうか……。義母の手前、動きづらいのかもしれませんね。夫は、義妹の母親の連絡先も知らないみたいですし。なぜか義妹は週末に子どもを置いていくことが多いんです。おかげでうちの週末は計画も立てられない状態」
ユミさんの子も義妹の子も女の子。ふたりはいつしか仲良くなっているので、いっそ養子縁組してもいいかと思うことさえあるとユミさんは複雑な表情を見せた。
「だけど肝心の義妹と、そういう話もできない。ちゃんと話そうと何度もメッセージを送っているんですが。義妹がちゃんと育てていければいちばんいいんですけどね。水商売をしていると言っていたときもあるけど、今は何をしているのかよくわからないし」
なによりユミさんも家庭と育児と仕事で手一杯なのだ。そこへ義妹の問題があり、気の休まる暇がない。
「夫があるとき義妹に怒って、子どもは施設に連れていけと怒鳴ったんです。すると義妹は涙をいっぱいためて、すがるような目で私を見る。彼女に軽く見られているのはわかるけど、子どもをないがしろにはできない。夫は『ユミは甘いんだよ』と言いますけど、やっぱりかわいそうじゃないですか、子どもが。義妹は許せないけど。だからいつも受け入れてしまうんですよ」
義妹の子から笑顔を失わせたくない。ユミさんはその一心で、義妹に翻弄されながらも必死に毎日を送っている。
(文:亀山 早苗(恋愛ガイド))

All About

「違い」をもっと詳しく

「違い」のニュース

「違い」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ