国によって全然違う。特色ある世界10の刑務所

7月26日(木)20時30分 カラパイア

1

 人口増加に伴ってか、犯罪者数も増えている。イギリスの刑事政策調査協会(Institute for Criminal Policy Research)によると、世界中で1,035万人以上が刑務所や拘置所、あるいはそれに類する施設に収監されているそうだ。

 だが、刑務所での収監者の待遇は国ごとに全く違う。これは、収監の目的を犯罪者の更生におくか、あるいは懲罰におくかにもよるのだろう。また、国によっては、とりあえず一般社会から隔離するだけで手一杯な状況なのかもしれない。

 では、実際に世界にはどのような刑務所があるのだろうか?特色ある10の刑務所を見てみよう。
・1. アランフエス刑務所 (スペイン)

 アランフエス刑務所では、服役中でも、子どもや家族と共に過ごすことができる。壁にディズニーのキャラクターが飾られ、子ども部屋や外遊びの場もある。

 もちろん、受刑者を慰めるためではない。「親が服役している」ということを、できるだけ子どもに気づかせないようにするのが狙いなのだそうだ。

1
image credit: Associated Press


・2. バストイ刑務所 (ノルウェー)

 「セキュリティーレベルの低い刑務所」としてはノルウェー最大。オスロ・フィヨルド内のバストイ島が、丸々刑務所として使われているのだ。島には80棟あまりの建物と、フットボール場や農地、ビーチや森が存在する。

 刑務所としての機能の他に、商店や図書館、医療機関、教会、学校などもある。また、灯台にはミーティングやセミナーが開ける公民館的な機能も付属している。

 一部からは「豪華」「ぜいたく」という批判も出ている。しかし、ここの出所者の再犯率はヨーロッパでも断然低いのだ。

2
image credit: Marco Di Lauro


・3. ルジラ刑務所 (ウガンダ)

 ルジラ刑務所の収監者には、例えばイギリスやアメリカでのよりも、大きな責務が課されている。刑務所内の調和と機能を保たねばならないのだ。その中には、食料のために作物を育て、調理し、分配するといったことまでが含まれる。また、学ぶことも奨励されており、木工の技術を教え、あるいは学ぶ人は多いそうだ。

 看守一人当たりの収監者数は35人で、イギリスの15人の倍以上だが、収監者同士の争いは滅多にない。また、出所者の累犯率は30%以下と、イギリスの46%、アメリカの76%よりも低くなっている。

3
image credit: NTVUganda


・4. サンディエゴ女子刑務所 (コロンビア)

 180人ほどの収監者のうち、服役期間の終わりが近い25人が働いている。出所後、スムーズに社会生活に復帰するためのプログラムの一環だ。の罪状は、窃盗や麻薬の取引などである。
 この刑務所の屋内パティオにはレストランがある。収監者が毎晩コックやウェイトレスに変身するのだ。

4
image credit: Jan Banning


・5. ハルデン刑務所 (ノルウェー)

 ハルデン刑務所はノルウェー第2の規模で、世界中から受刑者を受け入れている。伝統的なセキュリティー機器はなく、看守も武装していない。受刑者のリハビリテーションに重きを置いており、外の世界を模しているのだ。

 受刑者は音楽やスポーツといった活動を楽しむこともでき、看守はコミュニティーの感覚を養うべく受刑者に働きかける。人道的な刑務所ということで評価も高いが、一部にはまた、度が過ぎているとの批判もある。(関連記事)

 ハルデン刑務所のデザインは、2010年にアーンシュタイン・アーネベルグ賞を受賞しており、ドキュメンタリーも制作された。

5
image credit: Knut Egil Wang


・6. ノルゲルハーフェン刑務所 (オランダ)

 ここの独房には、ベッドや家具、冷蔵庫、テレビ、そして専用のバスルームがあり、快適に過ごせる。

 しかし、という訳ではないが、オランダの犯罪率は低く、刑務所は「過疎」に直面しているのだ。この「問題」を解決するため、2015年からはノルウェーの刑務所で定員を超過した分の収監者を引き受けているのだ。

6
image credit: ANP


・7. 尾道刑務支所 (日本)

 国全体の高齢化に伴い、日本では高齢の受刑者も増えている。広島刑務所の支所である尾道刑務支所の収監者は高齢者のみだ。

 そのため、所内には手すりが取り付けられており、必要な収監者には柔らかい食事も提供される。課される労働は編み物と縫い物だ。

7
image credit: Prison Photography


・8. アディウウェル刑務所 (スコットランド)

 アディウウェル刑務所は、収監者の学習を目的とした刑務所だ。

 収監者は、教育、カウンセリング、仕事といった活動を通して、ここに収監されるに至ったそれぞれの行動や環境上の問題に取り組んでいく。周囲の自然や、家族との交流も、のリハビリテーションの基本的な要素だ。

8
image credit: Lorenzo Dalberto


・9. ブラックドルフィン刑務所 (ロシア)

 悪名高いブラックドルフィン刑務所では、3組の鋼鉄製のドアの奥に、二重の檻を持つ「監房の中の監房」が並ぶ。24時間体制の監視付きだ。ここから逃れるには死ぬしかないといわれている。

 ブラックドルフィン刑務所の囚人にはシリアルキラーやテロリストも含まれる。囚人の罪状を合計すると3,500人が殺されており、平均で一人当たり5人を殺している計算になるそうだ。

9
image credit: The Sun


・10. ペナス・シウダード・バリオス (エルサルバドル)

 約3.6m×4.5mの監房に、常時30人以上が押し込められている。元々は72時間以内の拘置のための設備だったはずなのだが、1年以上そのままの収監者も多い(関連記事)。

 収監者の一日のほとんどは、服を引き裂いて紐をつくることに費やされるそうだ。寝るためのハンモックを編むのである。

10
image credit: Giles Clarke

 ところで、受刑者を厳しく扱うと犯罪率が減るかというと、必ずしもそうではないようだ。例えば、人口10万人に対しての収監者数はアメリカでは698人だが、受刑者に対する人道的な扱いで知られるノルウェーでは、わずか71人なのである。

References: Bored Panda / deMilked / The World Prison Brief など / written by K.Y.K. / edited by parumo

カラパイア

「刑務所」をもっと詳しく

「刑務所」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ