学校にある最も有名な銅像といえば二宮金次郎像。学生の頃、毎日のように目にしていたという方も多いのではないでしょうか。

Twitter上では、あるブッ翔んだ二宮金次郎像が話題となっています。

宇宙に飛び出す二宮金次郎像?!

投稿者は全国の廃校を25年間撮影し続けている、廃校探訪5000件さん。話題となったのは、群馬県の旧中之条町第四中学校(現在は伊参スタジオ公園)で撮られた、二宮金次郎像の写真です。

「今迄に1000体は二宮金次郎像を見てるけど…ここまでブッ翔んでる二宮金次郎は最初で最後だと思う」という感想と共に公開されたその写真には、背中に負ったジェットエンジン(?)で今しも飛び立とうとする二宮金次郎の姿が…!


twitter.com@haiko5000


twitter.com@haiko5000
後ろ側から撮影された写真では、ジェットエンジンから大量に吹き出す煙がハッキリと確認できます。文字通り"ブッ翔んだ二宮金次郎"です!

ここまで躍動感を感じられる二宮金次郎像が存在するとはビックリですね!薪を背負いながら勉学に励む、真面目な二宮金次郎の印象が覆されました。今にも超高速で宇宙に飛び出してしまいそうです(笑)。

ネットでの反応は?

写真を見たユーザーも、空を目指す二宮金次郎像に驚きを隠せなかった模様です。「これ本物ですか?」「ヤバいですねww」「面白い!カッコいいです」といったコメントが寄せられました。あまりのインパクトに「ながら読みは止めなさい!」「クセが強いww」など、思わずツッコミを入れてしまった方も。

また、「飯野哲心さんの作品では?」と作者について言及されている方もみられました。投稿者さんは像の作者について、「作者の銘版等は撮影していなかったのですが、芸術祭・中之条ビエンナーレにて展示されていたものだと思います。」と述べています。

おもしろ珍しい廃校ベスト3は!?

中学生のときに偶然見た一枚の鉄道写真に「廃校の木造校舎」が写っており、その校舎の美しさに魅了されたのだという投稿者さん。それ以来、数々の廃校を巡ってこられたわけですが、そんな投稿者さんにとっての「おもしろ珍しい廃校ベスト3」は? 伺ってみたところ、次のような回答がありました。

【おもしろ珍しい廃校ベスト3】

  1. 山梨県北杜市「津金学校」…明治・大正・昭和の校舎が横一列に並んでいる。給食も食べられる学校。
  2. 静岡県西伊豆町「旧大沢里小学校(現:やまびこ荘)」…木造校舎に宿泊可能で、100%温泉の屋外プールに入れる。
  3. 長野県長野市「柵小学校(現:戸隠化石博物館)」…海なし県の長野でクジラ等の化石を見られる。

廃校でも「見る」だけでなくさまざまな体験ができるとは驚きです!なお、投稿者さんのTwitterアカウントでは廃校関連の写真や情報が公開されていますので、気になる方はチェックしてくださいね!

Twitter:@haiko5000