「ニンテンドースイッチライト」発売に“様子見”の声があがる理由

7月29日(月)6時0分 アサ芸Biz

任天堂

写真を拡大

 任天堂が、かねてから情報が流れていた「ニンテンドースイッチ」の廉価版である「ニンテンドースイッチライト」を、9月20日に発売すると発表したのだが、ネット上では賛否が相半ばしている。
 
「従来機よりも1万円安い1万9980円(税抜き)で発売されますが、携帯ゲーム機に特化した形で、携帯モードに対応したソフトしか遊ぶことができません。基本的にはすでにスイッチを持っている人が外出先で使用したり、マルチプレイ用として購入するのがメインとなるのではないでしょうか」(ゲーム雑誌編集者)

 ネット上の評判を見ても、《スイッチを持っていない新規が、いきなりこれを買うかは疑問》《携帯に特化しているのにバッテリー3〜7時間は短いのでは》《後継機が出るまで様子見》といった辛口のものが多い。
 
「スイッチ自体、そもそもテレビ画面と携帯画面で“スイッチ”して遊べるのが売りであることから、携帯専用となると魅力は薄くならざるを得ない。また、携帯ゲーム機ではすでにソニーの『PS Vita』も幅を利かせており、割って入るのもなかなか厳しい面があります。加えて、ライトが出ることによって同じく携帯機の『ニンテンドー3DS』の後継機への影響も懸念されており、ライトの展開を疑問視するファンも少なくないようですね」(同)

 一方でスイッチには高性能版が発売されるという噂があり、ゲーム機本体の購入を予定しているファンは、迷いを隠せないようだ。

(小林洋三)

アサ芸Biz

「発売」をもっと詳しく

「発売」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ