「やまがたワーケーション新幹線」で山形県の各エリアを訪問・滞在するツアー、足湯やフルーツジュースも楽しみながら車内で快適に仕事を

7月29日(木)12時4分 鉄道チャンネル

山形県、JR東日本仙台支社、びゅうトラベルサービスが連携し、足湯付き新幹線「とれいゆ つばさ」を使用した「やまがたワーケーション新幹線」専用ツアー「「団体臨時列車『やまがたワーケーション新幹線』の旅」を販売する。

出発日は2021年10月1日。首都圏発着1泊2日の設定で、山形行きと天童行きの2コースが用意されている。往路で乗車する「とれいゆ つばさ」車内では専用Wi-Fiやリゾート列車ならではの広い机など、快適なビジネス環境を提供。レノボのモバイルバッテリーやヤマハのスピーチプライバシーシステム「VSP-2」(周囲への会話の漏れを軽減)の貸し出しなども。

また休憩中に足湯を利用したり、バーカウンターで山形のフルーツジュース(有料)を賞味するなど、仕事の合間に一息つく楽しみ方もある。首都圏から新幹線に乗り込んだ瞬間から「旅」が始まっているというわけだ。

2021年8月3日14時から、びゅうトラベルサービス「日本の旅、鉄道の旅」サイト限定で発売する。

鉄道チャンネル編集部
(イメージ写真:pk926 / PIXTA)


鉄道チャンネル

「新幹線」をもっと詳しく

「新幹線」のニュース

「新幹線」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ