「相手が実は既婚者」知らないうちに不倫に関与…慰謝料は払う必要がある?

7月30日(日)22時40分 シェアしたくなる法律相談所

*画像はイメージです:https://www.shutterstock.com/


自分の交際相手に限って……なんて思っていたら実は相手が既婚者だったなんて話、今ではよく耳にする話かもしれません。実際にそういったシチュエーションに巻き込まれたことがある人もいるのではないでしょうか。


相手が既婚者だと知ったら即座に別れるかと思いますし、既婚者だと知っていたらそもそも交際していなかったという声も聞こえてきそうですが、不倫に付き物なのが“慰謝料”の問題です。


そこで今回は以下に記載する関係者間で慰謝料が発生するのかどうかについてみていきたいと思います。


 


Aさん:交際相手が既婚者であると知らずに関係をもった人


Bさん:既婚であることを隠してAさんと関係をもった人


Cさん:Bさんの配偶者


 


■ 既婚者と知らずに不倫したら交際相手の配偶者に対する慰謝料は?(Cさん→Aさん)

AさんがBさんを既婚者であると知らなかったことに過失がなければ、慰謝料支払い義務はありません。慰謝料支払義務が発生するのは、Aさんに“故意・過失”がある場合に限られます。


では、どういうときに過失があるのかというと、“肉体関係を持った時に、Bさんが既婚であることを知ることができたはずなのに、Aさん落ち度があったために気づかなかった”という場合です。


つまり、Bさんが既婚者であると気づかなかったことに落ち度がないのであれば、慰謝料を支払う義務はありません。


なお、交際当初はBさんが既婚していることを知らなかったが、途中で知ったという場合には、その時点で関係を断てば慰謝料支払義務はありません。


しかしながら、知った上で関係を続けた場合には、それ以後については慰謝料支払義務があることになります。


 


・どういう場合に落ち度がないといえるの?

交際相手と知り合った当時から「自分には妻子がいたが、今は離婚して独身だ」と告げられており、しかも職場でもこれを疑う人がいなかったという場合に、落ち度がないとされたケースがあります。(※1)


同僚と交際していたにもかかわらず落ち度がないとされたこのケースは、比較的珍しいものです。一般論としては、交際が長く続けば続くほど、その人が既婚者であることを知る機会はあったはずだ(=既婚の事実を知らなかったことに落ち度がある)ということになる可能性は高いでしょう。


 


■ 既婚の事実を隠して不倫をした配偶者に対する慰謝料請求は?(Cさん→Bさん)

夫婦間には、第三者と性的関係を持ってはならないという貞操義務と呼ばれる義務があります。もしもBさんがその義務に違反してAさんと不貞した場合、BさんがCさんに対して慰謝料支払義務を負うのは当然のことです。


BさんがAさんとの不倫をしていることを理由としてCさんと離婚を希望する場合なら、この慰謝料を実際に請求していくことになるでしょう。


しかし、Cさんが婚姻継続を希望する場合は、Bさんには慰謝料を請求しないで、Aさんにだけ請求してくる可能性が高いです。離婚をしないのに夫婦間で慰謝料を請求するとなるとそのこと自体が夫婦関係を冷却化させかねないからです。


 


■既婚を隠していた交際相手に対する慰謝料請求はできないの?(Aさん→Bさん)

Bさんが既婚者だと知っていれば肉体関係を持つつもりはなかった、というのはAさんのごく当然の言い分です。


Bさんは、既婚の事実を隠すことで、Aさんの“誰と交際して肉体関係を持つかを決める権利”を侵害したことになります(貞操権の侵害)。


したがって、AさんのBさんに対する慰謝料請求が認められる可能性はあります。


ただし、「既婚であると言ったはずだ」「本当は知っていたはずだ、知っていると思っていた」という反論が交際相手からなされることが予想され、ハードルが高いことは否定できません。


ちなみに、相手方が既婚者だと知っていた場合にも慰謝料が認められたケースがあります。妻と別れて結婚するつもりだと言われた未成年の女性が、男性の子を出産したにもかかわらず約束を反故にされたという事例で、女性から男性に対する慰謝料請求が認められています。(※2)


 


※1:東京地裁平成25年7月10日判決より


※2:最高裁昭和44年9月26日判決より


*著者:弁護士近藤美香(秋葉原よすが法律事務所。家事事件を専門的に取り扱い、500件以上の家事事件を取り扱った経験を持つ。JADP認定の夫婦カウンセラーの資格を保持している。)


【画像】イメージです


*Antonio Guillem / Shutterstock

シェアしたくなる法律相談所

「既婚者」をもっと詳しく

「既婚者」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ