バッハ会長の東京五輪開会式「地獄の13分」が教育現場に与える影響とは

7月31日(土)11時0分 ココカラネクスト


 ナ、ナゲエ・・・。

 ビデオリサーチの調査によれば、関東地区で視聴率56・4%という驚異的な数字を叩き出した東京五輪の開会式。事前のズンドコ騒動も相まって、良くも悪くも国民の興味関心を集める格好になってしまいました。

 中でもネット上にブーイングの嵐が渦巻いたのは、IOCのバッハ会長による13分ものスピーチでしょう。

 スポーツ紙の五輪担当デスクは言います。

 「あまりに長すぎて、選手たちは座り込んだり『ゴロ寝』をする始末でした。我々は新聞制作上、締め切りがありますから『早く終われコノヤロー!』と編集局内で怒号が飛んでいました(笑)。新型コロナ感染対策のためにも、式典を早めに切り上げる必要があったのに、自身の冗長なしゃべりで押しちゃったわけだから、とんだKY野郎と言うしかありませんよね」

 実は事前に報道各社に示された資料では、組織委の橋本聖子会長と二人で9分間の予定でした。ところがふたを開けてみたら、橋本会長も6分半の大演説を敢行。合わせて20分近いスピーチで大切な時間を「浪費」したのだから、開いた口がふさがりません。

 フィールド上の選手たちはその間、あまりにヒマだったのか、自身のツイッターやインスタグラムなどを続々と更新。これではIOC会長の権威もないに等しいです。

 そして今後はこの「13分間」が、「バッハ基準」として日本国内のKYスピーチ測定目安になるというのが、前述のデスクの見解です。

 「だいたい、人は偉くなると長々と高説を述べたくなるものです。その代表格が夏の高校野球の地方大会開会式でスピーチする、高野連の偉い人や朝日新聞の支局長でしょう。『さあ、野球をやるぞ』と意気込む高校生たちに、自身の若かりし頃の経験や人生訓をウットリしながらしゃべりまくる。猛暑の中、熱中症の危険を背負いつつ、これらを聞かなきゃいけない若者のことなんか、一切考えていないのです」

 ただでさえコロナ禍の中、五輪反対論が大多数を占める日本国民に向けて、KY発言を連発してヒールキャラが板についてきたバッハ会長。そうなると、気になるのは夏休み明け、小中学校で行われる2学期の始業式です。もし校長先生が残暑の中、「バッハ基準」の13分に近いスピーチを展開したならば−。

 「辛辣な現代っ子のこと。校長先生のあだ名が『バッハ』になる可能性は高いでしょう。校長先生は自らの権威を守るためにも、短く要点をまとめた話を練る必要性に迫られています」(前述のデスク)

 長いスピーチはダメ、ゼッタイ−。これもまた次世代へと残された東京五輪の「レガシー」といえるかもしれません。


ココカラネクスト

「五輪」をもっと詳しく

「五輪」のニュース

「五輪」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ