「こんな時期でもホストはやりたい放題」は本当か。行政・保健所とも連携を始めた「夜の街」コロナ対策事情を手塚マキさんに訊く

7月31日(金)18時0分 FINDERS

手塚マキ氏(写真中央)とホストたち。写真は2019年にドイツのアパレルブランドと音楽家がコラボした「NOTON × KOSTAS MURKUDIS」キャンペーンに参加した時のもの

新型コロナウイルスのクラスター発生源のひとつとしてネガティブに報じられることの多い「夜の街」。

しかし、ホストクラブにしろキャバクラにしろ、感染対策が業界内で全く行われていないと思っている人がいるならば、それは誤解だ。東京都と新宿区、警視庁、ホストクラブの事業者らは結託し、7月20日からは歌舞伎町のホストクラブなどの店舗を回り、感染対策の強化を呼びかけるキャンペーンも始まっている。

そこで、新宿・歌舞伎町でホストクラブ6店舗を経営するSmappa! Group会長の手塚マキ氏を直撃。手塚氏が新宿区や歌舞伎町の同業者らと手を結び、真剣に取り組むコロナ対策とは?

聞き手:神保勇揮 文・構成:庄司真美

手塚マキ

Smappa! Group会長

1977年埼玉県生まれ。埼玉県下の進学校、川越高校出身。大学在学中に新宿・歌舞伎町のホストになり、入店1年目でナンバーワンに。26歳で独立し、Smappa!Group創業。現在、ホストクラブやクラブ、BAR、飲食店、美容室など10数軒を経営。歌舞伎町商店街振興組合常任理事。JSA認定ソムリエ。ホストのボランティア団体「夜鳥の界」を仲間と立ち上げ、深夜の街頭清掃活動を行う一方、NPO法人グリーンバードでも理事を務める。2017年には歌舞伎町初の書店「歌舞伎町ブックセンター」をオープンし、話題に。2018年12月には接客業で培ったおもてなし精神を軸に介護事業もスタート。著書に、『裏・読書』『自分をあきらめるにはまだ早い 人生で大切なことはすべて歌舞伎町で学んだ』(ともにディスカヴァー)、共著に『ホスト万葉集 嘘の夢 嘘の関係 嘘の酒 こんな源氏名サヨナライツカ』(講談社)がある。

「区は“夜の街”の敵ではない」の一言が業界の不信感を払拭

新宿区が行う「繁華街新型コロナウイルス感染拡大防止キャンペーン」の一環として作成されたチェックリスト

—— Smappa! Groupが経営するホストクラブではどんなコロナ対策をしていますか?

手塚:うちでは新宿区の感染症対策のガイドライン(接待を伴う飲食店・管理者版)に沿って対策しています。たとえば、スタッフのマスク着用や出勤前の検温はもちろん、よく触る場所はこまめに消毒する、料理やおつまみは各自個別に提供する、トイレは定期的に清掃するといったことすべてです。

ほかに、区のガイドラインにはないもので独自でやっている対策としては、入店前の靴底の消毒は徹底していますね。

誤解されているところがありますが、ホストたちのコロナに対する認識は社会全体とそう変わりません。一般的な会社や組織の中でも、コロナに対してかなりセンシティブな人、そこまでではない人がいますよね。そうした比率は同じようなものだと思っています。

—— 一部でルールを守らないホストクラブの報道が話題となりましたが、少なくとも手塚さんの店ではちゃんとコロナ対策をしているわけですね。手塚さんが新宿区や保健所と連携するようになったきっかけについて教えてください。

歌舞伎町界隈のホストクラブやバーなどの経営者が集まるコロナ対策の連絡会には、新宿区長の吉住健一氏(写真左から2番目)と行政の担当者が参加。

手塚: 新宿区長の吉住さんからは6月上旬に連絡をいただき、つながりができました。その翌日に会い、どうすれば2次感染を防げるかを真剣に相談されました。区としてはホストクラブをはじめとする夜の街がどんな状況なのか実態がつかめず、対策がとれずに困っていると。

「決して営業を取り締まりたいわけではなく、感染者が出ても店名公表はしません。今は2次感染をこれ以上作らないためのステージであり、とにかく区民の健康を守りたい」ともおっしゃってくれて、僕らとしても何か協力できることはないだろうかと考え始めました。

ただ、区のそうした思いには同意でしたが、僕を通じてホスト業界に呼びかけても届かないと思ったんです。

区長は、夜の街の関係者に対し、「いくら検査を受けてもらうように呼びかけても受け入れてもらえない」ということで困っていました。

でもこちらからすると、逆に3〜4月の時点では、保健所の事情がわからなかったので、いくらこちらからお願いしてもまったくPCR検査ができず、保健所に行っても門前払いされる人もいて、夜の街の関係者は区や行政に対して不信感があったのです。

だからこそ、「新宿区は“夜の街”の敵ではない」ということを区長の口から直接言った方がいいと思ったのです。そこで、新宿区に話し合いの場を設けていただき、そこに僕が連れて行けるだけの関係者を呼んで集まることになりました。

結果、その会合では新宿区と夜の街の関係者がかなり歩み寄った話し合いをすることができました。そこから夜の街でも区の取り組みに対して協力的になり、少しでも具合の悪い従業員がいればすぐに病院に行かせたり、PCR検査を受けたりした結果、潜在的な感染者が増えていった経緯があります。

次ページ:ホストクラブだけでなく、歌舞伎町のパブやバーも巻き込んだコロナ対策

---

ホストクラブだけでなく、歌舞伎町のパブやバーも巻き込んだコロナ対策

手塚マキ氏

—— 専門家を招いた感染症対策の勉強会なども行っているそうですが、具体的にどんなことをしていますか?

手塚:新宿区長とのつながりを機に情報交換を行う連絡会ができたので、僕が理事を務める「歌舞伎町商店街振興組合」にも声をかけて、6月18日に開催した連絡会の立ち上げにつながりました。

感染症は人と人の接触が問題なので、より多くの業者に区長や保健所の言葉を届けた方がいいと考えました。そこで、ホストクラブに限らず、バーなどのほかの業種も巻き込んで勉強会を続けることになり、そこから週1ペースで2時間ずつ時間を設けて、すでに約10回開催しています。

ホストクラブを運営する企業はグループ内で飲食店などを経営していることも多く、夜の街の基幹産業になっているところがあって、数百人、数十億円の売上規模のところは彼らが飲み・遊ぶことで歌舞伎町の経済を回していると言っても過言ではありません。彼らが利用するバーなども巻き込んで、そこからまた感染症対策の意識が広がったらいいなと考えたんです。

さらに勉強会では区長や保健所の所長をはじめ、行政や感染症研究所、厚労省などからも参加いただき、クラスターとなる原因を真剣に探っていて、現時点では、若手ホストが共同生活を送る社員寮や、営業終了後の飲み会・カラオケなどでマスクを外した場面が真の感染源になっている可能性はないかなど、店以外での行動も取り沙汰されていますね。こちらは国立感染症研究所さんなどとも共同で実態調査を行う話も上がっています。

常に感染症の勉強ができる場を作り、国や行政に後ろ盾になってもらい、任意団体を作って、そこで講習を受けた人を認可することも考えています。

有識者の方の話を聞きながら、だんだん自分たちの店だけで考えても意味がないことがわかってきました。店の運営陣たちが一歩外に出て、行政と共に1人1人の意識を底上げする努力を地道にやっていくしかないと考えています。

次ページ:個別の経過報告などの対応で、保健所はパンク状態?

---

個別の経過報告などの対応で、保健所はパンク状態?

商業施設・店舗で新型コロナ患者が発生した際、同じ日時の来店者にその旨をLINEで通知するサービス「もしサポ」(滋賀県・岩手県でも運用中)。東京都では「接待を伴う飲食店」向けのコールセンターも開設されており、新宿区の感染拡大防止キャンペーンでもチラシが配布された

—— 集団検査を受けられる体制にしたくとも、保健所の人員体制に限界があるとも言われていますが、実態をどのように感じていますか?

手塚:区長から直接連絡を受けたことからもわかるように、新宿区としても予算を割いて感染対策の取り組みには積極的ですね。

ただ、僕が聞いているかぎりでは、6月中まではクラスター封じのために集団検査をさかんにしていましたが、現在、再び混んできたためスムーズに検査を受けるのは難しくなっているようです。

陽性か陰性かということももちろん重要ですが、発症して重症化するかしないかの方が重要で、感染の疑いがある人はちゃんと自宅待機して隔離し、いつでも連絡がとれるようにできていれば、必要以上の集団検査をする必要はないわけです。

そのためにも、事業者が感染者を隔離するタイミングや濃厚接触者をきちんと把握できていることが重要。もし店に1人陽性者が出たら、その人が発症するまでの1週間の間にどれだけ濃厚接触者がいたかをチェックすることになります。

店内にその人の濃厚接触者が3人しかいないとしても、そこで働くホスト全員の経過観察を毎日して保健所に報告しなければならず、それを保健所はチェックしなければなりません。おそらくそんなやりとりをたくさん抱えているから、保健所は大変なんだと思います。

だからこそ事業者は、陽性者が出たときの経過報告をいかにきちんとできるか、そしていかに正しい対応ができるか。予防の知識にプラスして、感染拡大させないための対処法を共有することが大事だと考えています。

次ページ:悪者にされてしまったホスト業界のリアルな声

---

悪者にされてしまったホスト業界のリアルな声

—— コロナ対策をしているにも関わらず、メディアなどから一方的に悪者にされてしまっていることについてどんな思いを抱いていますか?

手塚:一部メディアでネガティブな報道をされることで、来訪者だけでなく実際に働くホストまでも必要以上に不安に煽られています。

「仕事場」とひと口に言っても、人によってはお金を稼ぐ場だったり、人格形成の場として重要な位置づけをしていたり、さまざまです。

ビジネスの観点から言えば、100年に一度の世界的なパンデミックが起きて仕事にならないことは、仕方ありません。でも、それを個人に当てはめると、急に自分の仕事の価値が下がり、ないがしろにされることは本来あり得ないことです。

飲み屋にはいろんな価値がありますが、基本的には日常から逸脱し、本来の自分に戻れる場だと思っています。つまり、「ハレ」と「ケ」の「ハレ」の部分。昼間働いている人だってみんな夜の街に遊びにいくわけです。

それから、自分のダメな部分に向き合う場こそが、飲み屋。たとえば殺したいほど憎い上司を心の中では殺せても、実際には殺せません。その境目にあるのがハレの場である飲み屋だと思うんです。

ホストたちと開催した歌会。7月に刊行されたばかりの『ホスト万葉集』(講談社)にホストたちの魂の声が収録されている

—— リアルで騒いだり、楽しんだりする価値ってやっぱり大きいですよね。

手塚:なんでもかんでもルールに縛られるのは楽しくないということはみんな知っています。刹那的な時間、明日のことを考えない瞬間にアドレナリンが分泌される気がします。

最近、バイク好きの友人が、「スピードを出してスリルを味わう時、その瞬間にしか集中しなくなる」と言っていました。今いる瞬間に集中している時って、確かに気持ちいいなと思います。また、ある人は、「人間の幸せというのは、この瞬間に没頭すること」と言います。

飲み屋もそういう部分があると思うんです。自分の肩書きやこれまで生きてきた歴史を投げ捨てて、ただの1人の人間として扱われる瞬間が、実は意外とリラックスできるんですよね。

—— 都や世間から槍玉に挙げられたことに対して、現場のホストの心境はいかがですか?

手塚:新型コロナという未知の感染症に対して軽く考えている人、脅威に感じている人など、世間にはさまざまな意見がありますが、ホスト業界に照らしても、世間の考えるグラデーションとそう変わらないと思っています。

基本的にはホストクラブには「自ら稼いでやる」という野心のある人間が集まっていて、自分の価値が値踏みされるので、もともと楽な仕事ではありません。

自分が500円の価値なのか、500万円なのかを容赦なく決められてしまうので、メンタル的にも辛いし、毎日自分自身の価値を突きつけられる仕事です。普段からネガティブに捉えられやすい上に、コロナ禍でさらに世間からこの仕事をクソだと言われたら、ホスト自身にとっても「自分の価値とは一体なにか」について改めて考える機会になると思っています。

—— 最後に、今後の課題や注力していきたいことについて教えてください。

手塚:まずは地道に1人1人の意識を変えていく努力を続けていくこと。それから、最近感じているのは、ホストってだらしない子たちが多いとイメージされますが、公衆衛生だけはものすごく意識が高くなっていくとしたら、すごくイケてるなと思っています。

これまでのホストは、不健康が美学みたいなところがありましたが、これを機に衛生観念を高めて、健康なホストがたくさん増えるといいなと考えています。

FINDERS

「ホスト」をもっと詳しく

「ホスト」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ