売れない… 森永『ベイク』が切なすぎるキャンペーンを開始し、1日で4万超の声

7月31日(水)17時24分 grape

2003年に「焼いたチョコレート菓子」として発売して以来、人気となった森永製菓の『ベイク』。外はサクッと、中はなめらかなチョコレートが味わえます。

多くの人に愛されて発売16周年を迎えましたが、突如『ベイク』が次のような悲痛な叫びをあげ、ネットがざわつく事態になりました。

リニューアルしても、季節商品を出しても、
パッケージデザインを替えてみても CMを流しても
プレゼントキャンペーンをしても、
チョコ感をアップさせてミルク感をアップさせてやっぱりビターに戻しても、
コラボデザイン出しても、プレミアム商品を出しても、
保存食として保存缶をつくっても、宇宙食に認定されても、
外で食べる食べ方を提案しても、ベイク専用のひと粒窯をつくっても、
暑くても解けないかを確認するために石垣島やデスバレーまでいって実証しても、
100台のドライヤーであたためても溶けないことを実証しても、
料理家にアレンジレシピをつくってもらっても、

売れない…

かつて森永製菓のアイドルだったベイクの何がいけないのか、
わたしたちには…もう…わかりません…

ベイクが売れないのはなぜなのか?
あなたの厳しいお叱りの声をわたしたちにください。
Amazonギフト券100円で買いとらせてください。

焼きチョコベイクキャンペーンサイトーより引用

さまざまな試みをしたにもかかわらず、売れないという『ベイク』。

何をしたらいいのかが分からなくなった結果、「買わない理由」をTwitterで募集し、100円で買いとるキャンペーンを始めました。

すると、たった1日で4万件を超える理由がきたといい、キャンペーンは終了。

引き続き『#ベイクを買わない理由』のハッシュタグを付けてTwitterで投稿すれば、すべての意見に目を通すといいます。

また、公式裏サイトでは売上不振に迷走した結果、『ベイク』が野生化していたという設定でイラストを公開。野生動物のような『ベイク』の、さまざまな姿を紹介していました。

出典:焼きチョコベイクキャンペーン裏サイト スクリーンショット

小動物のような姿からエイリアンのように触覚がのびている姿まで。お菓子とはかけ離れた『ベイク』の姿から、迷走ぶりが伝わってきます…!

ネットでは、少し変わったキャンペーンに心配の声も上がっていました。

【ネットの声】

・これは切ないキャンペーンだ。

・担当者の悲痛な気持ちが伝わってくる。

・そんなに売れていなかったのか…。

・手にチョコが付かないからいいのに!

キャンペーンを目にして、『ベイク』を初めて買ったという声もありました。

かつての森永のアイドル『ベイク』に、起死回生の一手はあるのでしょうか…。今度の動きにも注目していきたいですね!


[文・構成/grape編集部]

出典 焼きチョコベイク なにがダメなのか、もうわかりません・・・ベイクを買わない理由100円買取キャンペーン/ベイク/@MorinagaChoco/焼きチョコベイクキャンペーン裏サイト

grape

「キャンペーン」をもっと詳しく

「キャンペーン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ