日本最東端の「吉野家」閉店 釧路唯一の店舗...地元民は「悲しい」「ツライ」

7月31日(水)16時10分 Jタウンネット

釧路桂店の外観 (C)Google

写真を拡大

牛丼チェーン「吉野家」の日本最東端の店舗として知られる「釧路桂店」が、2019年7月31日15時に閉店した。



これによって、日本最東端の店舗は釧路桂店から約98キロ西に離れた帯広市にある「38号線帯広店」に変わる。


釧路郡からの店舗も消滅



吉野家公式サイトにある釧路桂店の店舗説明ページには、


「誠に勝手ながら、7月31日 15:00 までの営業をもちまして、閉店させていただくこととなりました。永らくのご愛顧ありがとうございました」



と掲載されている。


Jタウンネット編集部が31日、吉野家の広報担当者に閉店の理由を聞くと、


「非公開とさせていただいております」



とコメントした。


釧路桂店の閉店によって釧路郡からは吉野家が消滅。近隣の方からすれば、近場にあったはずの吉野家だが、最も近い店舗も100キロ近く離れた38号線帯広店になってしまう。



ツイッター上では、


「牛丼も最高ですが、豚汁も最高。釧路で食べられなくなるのがツライ」
「釧路から...吉野家が消える...」
「悲しい 釧路から吉野家が無くなる」



といったコメントのほか、食べ納めを報告する人も見られた。

Jタウンネット

「釧路」をもっと詳しく

「釧路」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ