エアコンで冷え性に!?猛暑だからこそ、しっかり対策を!

8月1日(水)10時14分 アサジョ

 連日の猛暑で、自宅、商業施設、公共施設などではエアコンが欠かせないものとなっています。とはいえ、さすがに屋外はエアコンが効かないので、通勤通学やコンビニ・スーパーへの買い物時など、エアコンの効いた場所から猛暑の外、さらにエアコンの効いた場所へと、1日で何回も温度差を繰り返しています。そうすると、自律神経に影響を与え、頭痛や不眠、食欲不振など、体調不良の原因にもなってしまいます。そこで、猛暑の夏こそ、冷房対策が必要になってくるのです。

 まず気を付けたいのが、エアコンの設定温度。25〜28℃が目安です。温度設定が自分でできないときや、風向きなどでどうしても冷えてしまう場合は、ひざ掛けや薄手のアウターを。とくに、女性にオススメなのが腹巻です。腰痛予防にもなりますよ。

 また、暑いからと氷の入った飲み物ばかり飲んでいると、体を冷やし過ぎてしまいます。コーヒーや緑茶も体を冷やすので、エアコンの効いた部屋では、温かい紅茶やほうじ茶がオススメです。

 この夏は、苦手だからとエアコンなしで過ごすには危険過ぎる猛暑です。上手にエアコンと付き合い、体調管理に役立てるようにしましょう。

アサジョ

「エアコン」をもっと詳しく

「エアコン」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ