自殺現場の事故物件、夜中に郵便ポストが…リアルな「怖〜い話」エピソード

8月1日(木)19時10分 TOKYO FM+

夏の風物詩と言えば「怪談」ですが、最近、怖い体験をしましたか? 一口に怖い体験と言っても、心霊系から変人、事故物件にいわくつきの場所、身の毛のよだつ体験談など、怖さも色々です。TOKYO FMの番組「高橋みなみの『これから、何する?』」7月24 日(水)の生放送では、パーソナリティをつとめるたかみなが「心の底からゾッとした怖〜い話」に寄せられたメッセージについて答えてくれました。



まずは、たかみなが気になったご意見から紹介します。

「専門学校に通っていた頃、いわゆる事故物件に住んでいました。彼氏と別れたばかりで、一緒に住んでいた部屋を出たので、もう安ければどこでもいいや〜と。気持ちも荒んでいたので部屋の暗さとかイヤな感じとかはどうでも良くって。

あるとき、バイトに行こうとして玄関で靴を履いていると、靴の足先に固い物を感じたんですよ。小石かな? と思って靴を振ると、中から白い塊が転がり出て来ました。指でつまみ上げてみると、人間の奥歯。思わず、はっと息が止まり、奥歯を放り投げました。まるでペンチで引き抜いたみたいに、しっかりと歯根が付いていたのを覚えています。ここにいてはいけないと思い、親に頼んでお金を借り、すぐに引っ越しました。あの部屋で何が起こったのかは聞いていません」(20代・女性)

これに、たかみなは「こわっ! 何、そしてどうして歯が入ってるの!? これはひとまず聞かないほうがいいと思う。聞いて答え合わせはしない方がいいでしょうね」とコメント。
まさしく、知らぬが仏……ですよね。怖すぎる答え合わせはいりませんっ!

「不動産屋で働いているとき、ルームロンダリングに使われたことがある。事故物件に誰かが住めば、次の住人には告知しなくていいとかってやつで。まあ、実際は法的根拠はないらしいんですけどね。殺人現場とかだと、前の住人がいても告知しなきゃいけない。

俺が住まわされた事故物件は自殺の現場。あり得ないぐらい生臭い部屋だった。シンクとかで歯を磨いていると、排水溝から凄い臭いが立ち上って来て吐きそうになる。風呂場の水を流すときも、なかなか流れなくて、最後に凄く嫌な臭いがグッと上がって来る。同じアパートでも別の部屋はそんなことないのは確認済み。だから排水自体が悪いわけじゃないんだよね。

最後は、全ての排水溝にフタを買って来てカバーしていたんだけど、それでも臭い。自分の服とか髪の毛も生臭くなった気がしてキツかった。あのまま住んでいたら臭いで変になった」(30代・男性)

その生臭い部屋は今どうなったのでしょうか? 消臭スプレーを撒いてもごまかせないレベルの生臭さなんですよね? 排水溝に蓋をしても立ち上って来る臭いって、想像しただけで気分が……。

「親の持っているアパートで孤独死の男性が出てしまったことがあります。当時は特殊清掃というサービスも一般的ではなく、部屋の清掃は両親がやったそうです。男性はベッドの上で息絶えていたそうで、幸いにも冬場だったので、部屋そのものにはダメージはありませんでした。すぐに入居者を入れるのも気が引けたので、しばらく空き室にしていたそうです。

ところが、隣の部屋の女性が「あの部屋、すぐに新しい人が入ったんですね〜」と父に話しかけて来て、びっくり。父が黙っていると隣人は「荷物を運びこんだりする音がしたんで」と。今は部屋を改装して新しい住人がいますが……」(40代・女性)

「事故物件で不審な音がする」と言えば、自殺者の出た部屋で眠っていると、耳元でひそひそひそひそ、一晩中囁くように話す声が聞こえたと言う話を聞いたことが……。

「小学生の夏休み、祖母の家に泊まりに行ったとき、広い座敷で眠っていると、隣の部屋から両親の話し声が聞こえてきました。父は無口だったので、あんなに話すのは珍しいなと思っていたら、話し声は夫婦喧嘩に変わり、男性の怒鳴り声が聞こえて。最後は女性の叫び声。

その後、急に静かになりました。怖くなった私は布団で震えているうちに眠ってしまいました。翌朝、みんなが起きて来ると、父も母もいつも通り。両親の会話を聞いていると、昨晩、父は近所の知り合いの家でお酒を飲んでいたようです。では、私が聞いた男女の争う声は一体何だったのでしょうか……」(30代・女性)

もしやお祖母ちゃんの家は事故物件……あるいは心霊現象の舞台!? 単に両親が夫婦ゲンカしたのを隠していただけならいいんですけどね。

「前付き合っていた女性のことです。付き合って半年ぐらいした時、外を歩いていると、彼女が上着のポケットに手を突っ込んで、“あ、またある”と言いました。僕が何気なく彼女の方を見ると、ポケットをひっくり返して、中の物を外に出していました。それは、虫の卵のような均等の大きさの球体で、それがびっしりと彼女のポケットの内部にくっ付いていたのです……。あれが何だったのか分からないのですが、僕は生理的に気持ち悪いのと得体が知れないのとで、それ以来彼女と会うのが嫌になり、別れてしまいました」(30代・男性)

びっしりとポケットにくっついた虫の卵!! ヴィジュアルを想像しただけで血の気が引きます。

「数年前、家族で沖縄に行ったとき、姉が原因不明の頭痛になって、旅行途中で帰ってきたことがある。帰宅してホテルの人が撮った家族写真を見たら、姉の頭が三角形のものが刺さったみたいにえぐれていてゾッとした」(20代・男性)

いわゆる一つの心霊写真、ってヤツでしょうか。頭に包丁が刺さっているとか、手足の一部が消えているとか。本当に嫌な感じがするんですよね。

そして、たかみなが気になったもう一つのご意見がこちらです。

「田舎から出て一人暮らしを始めた頃です。夜ベッドに横になっていると、郵便受けがカタカタ鳴る音がして、郵便が来る時間でもないから怖くて動けなかった。その翌日、郵便受けをガムテープで内側から貼って寝ました。翌朝、ガムテープは剥がされていました……。速攻で引っ越しました」(20代・女性)

たかみなは、「いや何だろう。お化けも怖いけど人も怖いよね。女性の一人暮らしで同じ体験をした人はいるんじゃないかと思うんですけど……。ドアスコープのカバーは100均でも売っているんですね。いや〜怖いわ。そういうのも注意しなきゃいけないんですね」とコメント。本当に、心霊現象から覗き魔まで、怖いものだらけじゃないですか。とりあえず100均にGOですかね。

「前住んでいたアパートですが、引っ越して数日後、郵便受けに書いた苗字が、黒い油性マジックで塗り潰されていたことがあります。大家さんと警察に言いましたが、新しく書いた苗字もすぐに塗り潰されました。越してすぐだから隣人トラブルもないし、物凄くどんよりしました。引っ越す金もないし、もう郵便受けに名前は書くのをやめました。更新せずに引っ越しましたが、今でもあれは何だったのか思い出して嫌な気になります」(30代・男性)

うわ〜、どす黒い悪意を感じます。引っ越して正解です。聞いただけで嫌な気持ちになる体験です。
怖さの種類は違いますが、皆さん、色々なゾッとする怖い体験をしていますね。自分が最近ゾッとしたことは、スリッパを履こうとしたら、その上に、飼い猫が捕まえたトカゲの死骸があったことですかね。あやうく踏んづけるところでしたが、ギリで回避しました。
踏んでいたら絶叫していたかもしれません! ヒェ〜!

文/ガンガーラ田津美

【番組概要】
番組名:高橋みなみの「これから、何する?」
放送日時:毎週月〜木曜 13:00〜14:55
パーソナリティ:高橋みなみ
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/korenani
番組SNS:
LINE=@korenani
Twitter=@KoreNaniTFM
Instagram=korenanitfm 

TOKYO FM+

「事故物件」をもっと詳しく

「事故物件」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ