新元号記念プラン 皇室ゆかりのホテルのロイヤルスイートで宿泊

8月2日(金)7時0分 J-CASTニュース

歴史あるホテルの特別な客室

写真を拡大

名古屋観光ホテル(名古屋市)は、「『ロイヤルスイート宿泊プラン』令和 〜ビューティフルハーモニー〜」を販売している。予約期間は2019年11月23日まで。宿泊期間は8月1日から11月30日まで。

1936年「中部の迎賓館」として生まれたホテル



新元号「令和」を記念した宿泊プラン。「名古屋にも国際級のホテルが必要だ」との考えから、1936年に"中部の迎賓館"として生まれた同ホテルは、昭和から平成、そして令和へと変遷していく中、皇室の常宿として親しまれてきたという。2015年には天皇・皇后時代の現在の上皇・上皇后両陛下が、2019年には天皇・皇后両陛下が宿泊されたという皇室ゆかりのホテルだ。また、海外の賓客も数多く迎え、愛され続けてきたという。


「ロイヤルスイート」はドアを開けた瞬間から、気品あふれる特別な雰囲気が広がる客室。夕食はフランス料理で、レストランまたはルームサービスから選択できる。朝食はルームサービスで、アメリカンブレックファスト、和定食、お粥定食から選択可能だ。


ウェルカム・コーテシーや、夕食後のバーでの1ドリンク、老舗ブランド「テネリータ」のパジャマ2人分の特典付き。



料金は1泊50万円(2人1室、夕朝食付き、税込)。

J-CASTニュース

「宿泊」をもっと詳しく

「宿泊」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ