名前はアレだが味と価格は最高! 小田原『丼 万次郎』

8月3日(土)14時31分 しらべぇ

神奈川県小田原市は、独自の食文化が生まれるほど漁業が盛んな街。漁港周辺には新鮮な魚を食べられる飲食店が多数あるが、コストパフォーマンスを考えるなら、この店一択だろう。


■丼万次郎

その店の名は『丼万次郎』。小田原漁港からかなり離れた下大井という地区にある、丼をはじめとした定食店だ。

名前はかなりふざけた感じだが、店内は地元の人と思われる客がメインで、地域に愛される店ということがわかる。


関連記事:神田うのも失神するレベル!? 石川県の寿司店で食べられる『美川県一丼』が激ウマ

■イチオシは漬け丼

店の自慢の逸品は、小田原で獲れた地魚をたっぷり使った『小田原 地魚漬け丼』(880円)。

生シラスやかつおなど、新鮮な魚を漬けているのでプリプリ感も楽しめる。魚種も5種類以上入っており、これが千円しないのはそうとうお得だ。

■ジュースも飲んでおきたい

また、飲み物もこだわっており、100パーセントのミカンジュースや自家製の梅ジュースもあるので、そちらも飲んでおきたいところ。

丼以外のメニューも豊富で洋食もあるのだが、せっかく小田原にきたのだから寿司も食べたいという人は、握り寿司がおススメ。


■腹ペコならそばも

お腹がすいている人には有料だがみそ汁をそばに変えるサービスもあるので、たくさん食べたい人はそちらを頼もう。

場所は悪いが味と価格は最高の丼万次郎、車がないとやや厳しい場所にあるが、ぜひ小田原旅行の際はチェックしてほしい。


・合わせて読みたい→助けてあげたい! 築地の超良心的な洋食店『禄明軒』が豊洲市場に移転し客が激減


(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男



しらべぇ

「小田原」をもっと詳しく

「小田原」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ