「イソジン」サイトにアクセス殺到か繋らない状況に 新型コロナ「重症化抑制」研究、大阪府知事の会見受け

8月4日(火)18時36分 BIGLOBEニュース編集部

画像は大阪維新の会YouTubeチャンネルのスクリーンショット

写真を拡大

大阪府の吉村洋文知事は4日、松井一郎市長との共同記者会見において、ポビドンヨードを含むうがい薬が「コロナに効くのではないかという研究結果が出た」と発表した。この場で、代表的な商品名としてムンディファーマ社の「イソジン」が挙ったため、ホームページにはアクセスが殺到しているとみられ、繋がらない状況となっている。


会見の中で吉村知事は、大阪はびきの医療センターでの臨床研究について報告。「既在薬剤による重症化抑制効果」として発表した、宿泊療養施設におけるポビドンヨードを含むうがいの研究結果では「唾液のウイルス陽性頻度は低下する」とされたと説明した。患者41名を対象に1日4回実施したところ、うがい実施4日目には、10人中9人が陽性でなくなったとしている。


さらに、大阪府民へのお願いとして「ポビドンヨードうがい薬を使ったうがいの励行」を呼びかけ。当面の間、8月20日までを強化期間として取り組むとしている。特に、発熱など風邪に似た症状のある人やその家族、接待を伴う飲食店の従業員、医療・介護従事者はお願いしたいとしている。


この発表直後からTwitterでは、薬局などでポビドンヨードを含むうがい薬の買い占めが始まっていることが話題に。「イソジン」のホームページも情報を求めてアクセスが集中しているとみられ、18時現在もアクセスできない状態となっている。なお、ポビドンヨードを含むうがい薬は、明治も製造販売を行っているがこちらはアクセス可能となっている。


BIGLOBEニュース編集部 BIGLOBEニュース編集部RSS

「重症」をもっと詳しく

「重症」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ