夫の給料について悩む妻 その内容に「不安すぎて無理…」の声

8月5日(月)6時31分 しらべぇ

(karinsasaki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

一般的に自分の給料を他人に教える人は少ないだろう。しかし、それが生活を共にする妻であったら…。給料に関するある悩みが匿名掲示板『ガールズちゃんねる』に投稿された。


■夫の給料が分からない

投稿者は既婚の女性。冒頭で「毎月旦那の給料から旦那の支出、ガソリン代、お小遣いを差し引いた額を現金で受け取っています」と現状を明かす。

悩んでいることは、夫が給料明細を見せてくれないため、基本給や諸々手当、また今月の給料がいくらであったかが分からないことだそう。

なお、一度「給料明細をみせてほしい」と頼んだものの、話をそらされてしまったという。不安を抱いている様子の投稿者は「同じように旦那の給料が分からない家庭の方、いらっしゃいますか?」と質問を投げかけた。


関連記事:「旦那が稼いだお金を『小遣い』と呼ぶ風潮に違和感」 女性の投稿に波紋

■「不安すぎる」の声も

投稿を受けコメント欄には様々な意見が寄せられた。とくに多かったのは「相手の給料を把握しておきたい」というもの。中には「教えてもらったほうがいい」といったアドバイスも。

「旦那の給料分からないとか不安すぎて無理。 どちらが管理しても良いとは思うけど、把握くらいはしておかないと…」


「給料明細見せない夫を信用できるのが凄い」


一方で「給料を知らなくても平気」という声もあったが、こちらは夫婦が共に働いているケースが多い模様。

「私も別会計なので知りません! ただ浪費してることは分かってます」


「逆に考えるんだ。自分で稼いだ時も言わなくて済むじゃんって」


■他人に収入を教えた人は…

ちなみに、しらべぇ編集部が全国20〜60代有職者の男女670人に「収入について」の調査を実施したところ「自分の収入を他人に教えたことがある」と答えた人は全体で37.0%。今回は相手は、他人ではなく配偶者であったが、人に給料を教えることに抵抗感を抱く人は少なくない。

収入

投稿者が「夫の給料を把握していないこと」に不安を抱いたのなら、今後のためにも一度話し合う必要がありそうだ。


・合わせて読みたい→「仕事が好きすぎる」わけじゃなく… 常に仕事のことを考えてしまう理由とは


(文/しらべぇ編集部・ステさん



【調査概要】

方法:インターネットリサーチ「Qzoo

調査期間:2018年7月13日〜2018年7月17日

対象:全国20代〜60代有職者の男女670人(有効回答数)

しらべぇ

「不安」をもっと詳しく

「不安」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ