「AVには出ない」 グラドル・生田みなみ、伏線を回収するようにデビュー

8月6日(火)20時31分 しらべぇ

生田みなみ

グラビアアイドルとして活動していた生田みなみちゃん(19)が、9月6日にAVデビューすることがわかった。

じつは、ツイッターで「AVには出ない」と明言していたみなみちゃん。しらべぇ取材班では、そうしたデビューのきっかけ、今後の活動について話を聞いた。


■AVデビューしたきっかけ

生田みなみ

———元々はグラビアアイドルをされていたんですよね。目標としている方や憧れている方がいて、活動を始められたのでしょうか?

生田:あんまり業界に詳しくないっていうのもあるのですが、特に「この人!」っていう方はいないですね。もともとコスプレの撮影会をしていて、その流れでグラビアもやってみようかなと思って活動を始めました。


———そこからAVデビューするに至ったわけですが、きっかけは何だったんですか?

生田:グラビアのイメージを撮っているうちに楽しくなっちゃって。衣装もどんどんと過激なものになっていくわけじゃないですか。コスプレの衣装を着て写真を撮られるのが「気持ちいい!」みたいな(笑)。その延長線上にAVがあったって感じです。


———ツイッターで今年5月に、「さすがにAVは出ない」とツイートされていましたよね。そのツイートから今回のデビューなので、伏線を張っていたのかなと思いました。

生田:あはは(笑)。イメージDVDの撮影が終わったくらいに決めたので、そのときは本当にAVに出るつもりは全くありませんでした。なので、伏線を張っていたなんてことはありません!


関連記事:中2の頃からマスカッツに憧れ 新人セクシー女優・生田みくの魅力に迫る

■初めての撮影はとにかく緊張

———最初の撮影を今改めて振り返ってみて、どうですか?

生田:とにかく緊張しました。2回絡みがあったんですけど、ほとんど覚えてないです。初めてのことばかりで現場の勝手もわからないし、ずっとバタバタしていましたね。1回目と比べて、2回目では緊張がちょっとほぐれましたが…。


———極度の緊張の中で臨んだ撮影ですが、終わってすぐはどのような気持ちでしたか?

生田:疲れちゃってて、まずはゆっくり寝たいなと思いました(笑)。後日いろいろ形になってることを知ったときは達成感がありましたね。

■体を柔らかくして現場に

生田みなみ

———1本目の撮影を終えてみて、「次はこうしたい」といった点はありますか?

生田:1回目はあっという間に終わってしまったという感じなので、次は見せ方をもっと意識したいです。カメラがどこを映してるかわからなくて、もっとこうしたら良かったなという部分があったので。


「今ここを映してるんだろうなあ、じゃあ手とか邪魔にならないようにしないと」って、そういう初歩的なことですけど、もうちょっと映り方を意識して、体がキレイに見えるように意識していきたいと思います。


———グラビア撮影のときも、反省点を見つけていたんですか?

生田:体が固くて、グラビアのときにストレッチのシーンができなかったんです。その次の撮影のときは体をならそうと思って、体を柔らかくして現場に行きました(笑)。


■お芝居にも挑戦したい

———作品の中では、演技が必要になる設定のものもあると思います。お芝居には自信がありそうですか?

生田:台詞を覚えるが苦手なんですけど、頑張っていきたいです。AVならではの設定のものは特に興味があって、「学校で…」みたいなシチュエーションの作品にチャレンジしたいです。


———AV女優のキャリアを経て、他ジャンルでも活躍されている方が多くいらっしゃいます。今後取り組んでいきたい分野の仕事はありますか?

生田:写真を撮られるのが好きなので、コスプレのイベントに行ったり、写真集を出したり、写真の仕事は何らかの形で続けたいです。

■ツイッターはキャラを考えず

———今日実際にお会いしてみて、すごく穏やかでかわいらしい方だなという印象を受けました。ツイッターでは尖ってますよね?

生田:それはちょっと、ちゃんと書いておいてください! ツイッターは特にキャラを考えずにやっていると、あんな感じになっちゃいました。


でも、みなさんわかってくれているので、自撮りを載せて「ほら、リツイートしろよ」みたいなことを書くと、みんなしてくれる(笑)。自分の作品を観ないので、感想をくれるのもすごい嬉しいですね。


———ツイッターでアニメ『幽遊白書』を全話観たというツイートを見たのですが、どのキャラクターが好きですか?

生田:戸愚呂兄弟の兄者ですかね。あのヤバい奴感が好きです。


———兄者みたいな男性がお好きなんですか…。

生田:別に恋愛対象で好きなわけじゃなくて、キャラクターとしてですよ! 現実では、私がマイペースなので、優しくてのんびりしてる人がいいですね。兄者はお友達くらいがいいです(笑)。


■ファンに向けてメッセージ

———最後にグラドル時代からファンの方、新しく応援してくれるファンの方に向けてメッセージをお願いします。

生田:元から応援してくださっていた方には、グラビアのイメージのときとは違う表情を見てほしいですね。イメージDVDでは特に喋るシーンもなかったので。AVのほうが素の私を見られると思います。


新しく知ってくださった方には、前半のガチガチに緊張しているところと、後半の普通に楽しめてるところ、両方見てほしいです。


■直筆サイン入り色紙をプレゼント

生田みなみ

今回、読者の方1名に、みなみちゃんの直筆サインが入った色紙をプレゼント。応募要件は…

1.しらべぇみなみちゃんのアカウントをフォロー


2.サイン色紙プレゼントキャンペーンのツイートをRT


3.みなみちゃんのインタビュー記事をクリック&ツイート


の3つ。ぜひ奮って参加してほしい。


・合わせて読みたい→鈴原りこ、「ポロリシーンはあった」と赤面しつつ告白 問われた肝心のシーンの答えは…


(文/しらべぇ編集部・野瀬 研人



しらべぇ

「デビュー」をもっと詳しく

「デビュー」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ