浅間山と聞いて思い浮かべるフレーズで、何県民か分かるらしい

8月8日(木)20時0分 Jタウンネット

群馬と長野にまたがる浅間山(画像は気象庁のサイトより)

写真を拡大

2019年8月7日に発生した、標高2568メートルの活火山・浅間山の噴火。噴火警戒レベル3、入山規制がかかるなど、緊迫した状態が続いている(8日19時時点)。


そんな中、ツイッターでは注目されているある2つの言葉がある。


郡馬県と長野県の県境にある浅間山をどう表現するかで、どちらの県民か分かってしまうというのだ。



「浅間のいたずら鬼の押出し」
「浅間はことに活火山」



両方とも聞いたことない...という人もいるだろう。いったいこれは何を意味しているのだろうか——。


信濃国
「浅間はことに活火山」
上野国
「浅間のいたずら鬼押出し」
とぞ言ひける。
それを見て、他の民曰く
「?????????」
- 長野信濃守業正 箕輪衆 (@Narimasaminowa) 2019年8月8日

上毛かるたか、長野の県歌か...


「浅間のいたずら鬼の押出し」は、群馬県の郷土かるた・上毛かるた(1947年発行)の「あ」から始まる札。「鬼の押出し」は天明3年の大噴火で押し出された溶岩が、幅2キロメートル・長さ5キロメートルにわたって流下し、風雨にさらされて積み重なったものだという。


今回の噴火で、大自然の力を思い知らされるようなこの1文を思い出す人もいたようだ。


浅間のいたずら鬼の押出しっていう上毛かるた(郷土かるた)の一句があるように浅間は活火山なんですよね...。
グンマーだから浅間山方面ちょっと心配です。被害少ないといいのですが......#浅間山
- タケさん@夏休暇終了 (@take_tg1) 2019年8月7日

浅間から7㌔圏内だけど
何とも無いらしい。
浅間のいたずら鬼押出し
- 残念な社畜。 (@e701k) 2019年8月7日

浅間山噴火か
浅間のいたずら鬼の押出し
浅間がいたずらっ子で、鬼が相撲取って押し出しで勝ったと思っていた幼少時のわたくし pic.twitter.com/Nk25RX3PpN
- 天然? 真珠 OS-SAN46搭載 (@charutaku) 2019年8月7日

一方、「浅間は殊(こと)に活火山」は、長野県の県歌「信濃の国」のワンフレーズだ。


長野県の公式サイトによると、元々は信濃教育会(元・信濃教育会)が戦争と離れたテーマを教材とするため、長野師範学校の教諭に作成を依頼したものだという。1899年に同校教諭の浅井洌(きよし)が作詞、翌年に北村季晴(すえはる)が作曲を手掛けた。


歌はその後も、師範学校の卒業生らによって歌い継がれる。県章やシンボルを制定した1966年に県歌にするという機運が高まり、68年に制定された。


長野県民は、親しみのある歌のワンフレーズが思い浮かんだのではないだろうか。


浅間山、噴火したんですよね。
大丈夫かしら...。
『信濃の国』の歌詞で『♪浅間はことに活火山♪』ってあまり気にも止めず歌ってたけど。
- 宮下 光世 (@tun324) 2019年8月8日

浅間はことに活火山だからなぁ。
大噴火しないことを願い、
死傷者がでないことを願う。
- じんわり たろう (@JinwariTaro) 2019年8月7日

おはようございます!
市内は灰も積もらず無事でした!
さすが、信濃の国に浅間はことに活火山と書かれるくらいですね
上田も佐久も今日は被害の確認で忙しそうです、抜けるところは抜いていきましょう! https://t.co/lpWmDX2dVl
- おいでよ佐久2号@試運転中 (@oideSAKU2) 2019年8月7日

群馬県民にも長野県民にもつながりの深い浅間山。今後大きな被害が出ないことを祈りたい。

Jタウンネット

「浅間山」をもっと詳しく

「浅間山」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ