「値上げ」最も感じるもの、食料品を抑えた1位は?

8月8日(月)10時21分 マイナビニュース

akippaは8月5日、「物価高に関するアンケート調査」の結果を発表した。調査は7月22日〜28日、同社運営の駐車場予約アプリ「akippa」ユーザーを対象にインターネットで行われ、1,079件の有効回答を得た。
最近生活する中で最も値上げを感じるものについて聞いたところ、「ガソリン代」(53.3%)が最も多く、半数以上を占める結果に。次いで「野菜や調味料などの食料品」(20.9%)、「水道光熱費」(14.6%)と日常生活にかかる費用が上位に並んだ。
続いて、物価高対策として今年以降始めたことを教えてもらったところ、「節約」(43.3%)がトップとなり4割強を占めた一方で、「特になし」(41.4%)という人も4割強いることが明らかに。稼ぐ手段としては、「ポイ活」(9.0%)、「投資」(8.2%)、「不用品の売却」(8.2%)が多かった。
また、こうした物価高対策により月にどのくらいの金額を確保できているか聞いたところ、「1〜3,000円程度」(25.8%)や「1〜5万円程度」(16.1%)が多かったほか、「0円」(10.6%)、「始めたばかりでわからない」(16.5%)という人も。金額に関しては比較的分散する結果となった。

マイナビニュース

「値上げ」をもっと詳しく

「値上げ」のニュース

「値上げ」のニュース

トピックス

x
BIGLOBE
トップへ