「自然消滅」ってどうして起こる?その過程を考える、4ステップ

8月9日(日)22時40分 ハウコレ


出会って話して気が合って、じゃあ付き合おうかってなったとするよね。
それで1回2回デートしたあとに、彼から音沙汰がないなあ、どうしたのかなあって思ってたら、なんだか知らないうちに自然消滅しちゃった・・・・・・なんていう経験はないかな?

これってちょっと寂しいよね。気になる男子と出会えて、せっかく長く付き合えるかもしれないと思ってたのに。

それでもまだ一人とだけならマシなほうで、自然消滅が何度も連続してくるとだんだん自分が恋愛できない・向いてない女子みたいに思えてきちゃう。そもそもどうして自然消滅になっちゃうんだろう?その過程を考えてみよう。


■彼が忙しくなる

仕事っていつでも同じペースではやって来なくて、忙しくなったり暇になったりと波があるんだ。
たまたま仕事がいっぱいの時期になった彼が、仕事にかかりっきりになって彼女への連絡がおろそかになることがあるよ。

仕事以外にも、最近始めた趣味が面白くなっちゃってハマってるとかいう場合もあるね。
別に彼がほかの女性を好きになったとかじゃなくて、ただ単純にいまやりたい・やらなければならない仕事や趣味をやっているだけなんだ。

目の前のことに集中しているから、それ以外のたとえば彼女のことなんかは彼の頭の中で一時的に横に置かれちゃっているんだね。


■嫌われたと感じる

「忙しくたってメールの一本や二本くらいできるでしょ」って女子は思うから、「てことはやっぱり彼には私にメールしたい気持ちがないんだな」って感じてがっかりしちゃうよね。

だけど、一般的に男子は女子よりも、複数の作業を同時に進めるのが苦手な傾向があるんだ。たとえば電話しながら落書きをするとかいうことができないの。

だから、彼はあなたのことを嫌いになったわけじゃなくって、いまは別のことをしているからあなたにかかわれないっていうだけなんだ。
でも、そういう男女の違いを知らないと、自分が嫌われたと感じちゃうのもしかたがないことだよね。


■怖くて聞けない

たとえ自分が嫌われてるって誤解しちゃったとしても、その誤解を解くことができたら問題はないよね。彼に直接聞いてみれば、全然嫌われてるわけじゃなかったってことがすぐにわかるし。

でも、自分の彼氏であるはずなのに、怖くて相手と直接かかわれないっていう女子もいるんだ。自分の中で「嫌われたかも」と思ってるのもつらいけど、下手に彼に聞いちゃって直接彼の口から「嫌い」と言われてしまった日には、もう立ち直れないほど絶望的な悲しみの淵に突き落とされてしまう・・・・・・。

そんな恐れを抱いているから、彼に確かめることもできないまま時が経っていくんだ。


■忘れる

彼とのかかわりがとれないまま時間だけが過ぎていくと、どんどん彼との記憶が薄れていって、しまいには顔も思い出せないくらいになってしまう。これは彼のほうも同じで、彼の中であなたの存在がどんどん小さくなっちゃうんだ。

せめてわずかでも途中で連絡を取り合っていれば関係は継続するんだけどね。あとは、別の人を好きになったとかいう場合でも、いまの相手との別れはあいまいにしてなんとか自然消滅にもっていこうとする人もいるよ。

明示的に別れを切り出せば相手から文句を言われるだろうと想像して、それが嫌だからなるべく避けたいという心理が働くんだね。


■おわりに

彼との関係が自然消滅する仕組みを理解すれば、自然消滅させないようにするための方法がわかってくるよ。その関係を終わりにしたくないときは、我慢して不安を自分の中に貯めこむのではなく、安心して彼と直接かかわってみよう。

といっても、問いただすみたいにならないよう注意。「なんで連絡くれないの!」とか言っちゃうと、「俺だって忙しいんだよ!」ってなるからね。

あくまでもお願い・甘えるみたいな感じで「会いたいな」と言ってみよう。せっかく出会えた素敵な彼なんだから、自然消滅させないように少しずつ関係を育てていこうね。

(ハウコレ編集部)

ハウコレ

「消滅」をもっと詳しく

「消滅」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ