別れたくない!遠距離恋愛を辛いと感じたら考え方を変えてみよう

8月8日(木)12時22分 ハウコレ



いま現在、大好きな彼と遠距離恋愛真っ最中という女性も、その遠距離恋愛がつらくて仕方がないという人はいませんか?



遠距離恋愛特有のすぐに会えない寂しさは、その辛さを味わったカップルにしかわからないものです。


今回は、どんなとき遠距離恋愛が辛いと感じるのか、遠距離恋愛をポジティブに捉えることで生じるメリット、そして遠距離恋愛の不安を解消する方法についてまとめました。


■遠距離恋愛を辛いと感じる時



遠距離恋愛の辛さは、実際に遠距離恋愛を体験しないと分からないことがたくさんあります。


また、遠距離恋愛をしている期間やふたりが置かれている状況によってもさまざまなシチュエーションがあり、辛いと感じる時も人それぞれです。


どんな時に遠距離恋愛を辛いと感じるのかみてみましょう。



■寂しい時

遠距離恋愛をしていると、彼氏といつもすぐに会えるとはいきません。


メールや電話で連絡をとることはできても、大好きな彼氏と直接会いたい、温もりを感じたいと思ってもすぐにできないと、どうしても寂しさを感じてしまいます。



■相手の気持ちがわからない時

相手が今、本当はどう思っているのか分からない時も遠距離恋愛が辛く感じる瞬間です。


直接会うことができれば、彼の本心を聞いたり感じ取ることもできます。でも、それがすぐにできないので、彼がどう思っているのか不安になるのです。



■仲直りに時間がかかる!ケンカした時

ふとしたことでケンカをした時、遠距離恋愛だと仲直りまで時間がかかるのも辛いこと
ですよね。


どんな小さなケンカでも、できれば直接会って話し合うことが大切です。でも電話やメールだとお互いに謝るのも時間がかかってしまい、誤解がうまく解消されないことも起こります。



■時間と交通費がバカにならないと感じた時

遠距離恋愛では、デートするのも一苦労です。お互いが離れている距離にもよりますが、会いにいくための時間と、交通費が毎回かかるとなると、その時間や費用を捻出するのも大変です。


とくに仕事や学業などが忙しいと、デートの時間を捻出したり、交通費や宿泊代などがかかったりするのが難しいと感じる人もいるでしょう。



■どこでなにしてる?連絡が取れない時

遠距離恋愛では、普段の連絡手段はメールや電話がメインになります。ですが、その連絡が突然取れなくなってしまうと、「どこで何しているのだろう」と、とても不安になることがあります。


普通の恋愛では、不安になれば会いに行くこともできます。それができないからこそ、少しでも連絡が取れないと、あらぬ不安を抱いてしまうのです。



■楽しそうなカップルを見た時

幸せそうなカップルを見かけると、どうしても羨ましく思ってしまい、気持ちが辛くなることもあります。


なぜなら、遠距離恋愛をしている自分たちは、そんなに簡単に一緒にいる時間を作れないからです。それを頭で理解していても、今一人でいる自分と楽しそうにしているカップルを比較してしまいます。



■別れ間際

遠距離恋愛で一番辛いと感じるのは、貴重なデートの別れ間際かもしれません。


お互いが忙しい中、日程を整えてやっと会えたときこそ、彼と別れるのが本当に辛くなります。いっそ、このまま一緒に過ごしたいと思っても、それがすぐにできないとわかっているからこそ、思いが一層募るのです。



■悪いことばかり考えてしまう時

遠距離恋愛中、何かケンカをしたり、意思疎通がうまくいかないと「彼はもう私のことを好きでないのかも」「他に好きな人がいるのかも」と、悪いことばかり考えてしまうことがよくあります。


これも頻回に会えない遠距離恋愛だからこそ、起こりうることです。


■ポジティブに捉えればうまくいく!遠距離恋愛のメリット

遠距離恋愛では、普通の恋愛と比べて辛いと感じることも多いかもしれません。


でも、遠距離恋愛だからこそ感じられるメリットもあり、それを前向きに捉えることができれば遠距離恋愛の辛さを乗り越える力になります。


いくつか遠距離恋愛のメリットを挙げていきましょう。



■小旅行気分で会いに行ける

遠くに住む彼氏に会いに行くのに時間がかかるのなら、いっそのこと会いに行くのはひとつの小旅行と考えてみます。


彼氏に会い行くのにどんなに時間やお金がかかっても、旅行と考えればなんだか心もワクワクしますよね。そのワクワク感をうまく使って彼氏に会うモチベーションをより高めてしまうのです。



■デートが盛り上がる

遠距離恋愛だと、ふたりがいつでも気軽に会ってデートできない分、一緒にいられるデートの時間はとっても貴重なものです。


その時間がいかに大切かを知っているので、その時間を無駄にしないようお互いが自然と努力をすることができます。その結果、遠距離恋愛のカップルにとっては、その一つひとつのデートをとても盛り上げることができます。



■相手を思いやれる

遠距離恋愛で会えない時間が多いと、相手の存在が自分にとってどれほど大きいものなのかが痛いほどわかります。


相手の存在の大切さに気づくからこそ、大切にしようと思い、相手をより思いやることができます。離れていても、お互いを思いやることが遠距離恋愛を継続させる秘訣ともいえます。



■愛が育つ

いつでも会える普通の恋愛に比べて、遠距離恋愛をしているカップル間の愛情は育ちやすいのもメリットのひとつです。


ふたりが会えない時間が相手の存在の大きさを気づかせてくれ、またすぐに会えない寂しさがふたりの絆をより強くさせます。それらの相乗効果によって愛がどんどん育っていくのです。



■結婚するきっかけになる

実は、遠距離恋愛はカップルを結婚へ進ませる大きなきっかけにもなります。


遠距離恋愛の辛さを知り、お互いの存在を大切に思うと、結婚というずっと一緒にいられる最善の選択肢を選ぶのも自然の成り行きといえます。


■辛い遠距離恋愛の不安を解消する方法

遠距離恋愛に隠された多くのメリットに目を向けたとしても、やはり遠距離恋愛は辛く、すべての不安を拭うことはできません。



でも、これから挙げる方法なら、辛い遠距離恋愛の不安を軽くすることができるかもしれません。



■いつ終わる?遠距離恋愛の期限をはっきりさせる

遠距離恋愛の不安を軽くするためには、辛い遠距離恋愛はいつまで続くのか、その期限を明確にすることが大切です。


彼の転勤が終わるまで、大学卒業・留学が終わるまでなど、彼や自分の状況に合わせて遠距離恋愛の期限をはっきりさせます。


ただし、彼のこれからの予定がまだ立たないと、遠距離恋愛の期限も考えられないこともありますよね。そんなときは、ふたりの状況に関わらず遠距離恋愛の期限を何ヶ月、何年と決めることもできます。


遠距離恋愛の期限を決めると、辛さや不安に耐える期間がわかるため、気持ちも楽になります。



■思い切って彼の元へ!同棲する

どうしても、遠距離恋愛の辛さや不安に耐えられないのであれば、思い切って彼の元に駆け込み、同棲するのもひとつの方法です。


もちろん、彼や周囲に一言も相談なく、突然思い切った行動にできるのは避けましょう。あくまでも、まずは彼が受け入れてくれるのかどうかや自分の家族、周囲の理解を得てから行動します。


本当に彼のことが好きで、ふたりの将来をお互いに真剣に考えられるなら、その準備段階として同棲するのはおかしいことではありません。


同棲することで、もう遠距離恋愛で不安になることは解消されるでしょう。



■結婚の約束をする

遠距離恋愛で会える時間も限られると、お互いを信頼していても、気持ちが変わるのではないかとか、浮気をするのではないかとか、余計な不安を抱えてしまいます。


そんな不安は、ふたりの将来があやふやだからこそ起きてしまうものです。


それなら、「結婚」を約束することで、どちらかがよそ見をしてしまうのを防ぐこともできます。とくに女性にとっては、遠距離恋愛をしている彼との結婚が約束されたことだけでも、心理的な負担はだいぶ軽くなるといえるでしょう。



■別れることも考えてみる

遠距離恋愛がどうしてもつらく、不安がどんどん増すのに、あらゆる手を尽くしてもその不安が解消されない場合は、いっそ別れることも考えましょう。


遠距離恋愛のつらさを日常生活に支障をきたす位にまで、大きくしてはいけません。


彼のことは大好きでこれからも恋愛関係を継続していきたいと思っても、自分の心や体、経済的な面までも過度に無理をしてまでも、遠距離恋愛を頑張らなくてもいいのです。


これまで遠距離恋愛を頑張ってきたからこそ、彼を手放したくないと思うのも当然です。


でも、自分の心や体、将来のことをまず冷静に考えてみて、もし遠距離恋愛を続けることのデメリットがあまりに大きいのなら、逆に別れることがお互いのためでもあります。(ライター/ユキ)


(ハウコレ編集部)

ハウコレ

「遠距離恋愛」をもっと詳しく

「遠距離恋愛」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ