世帯年収1200万円40代女性「私立高校の補助は受けられず。教育費のために働いているようなものです」

8月12日(木)6時0分 キャリコネニュース

税金高すぎて家計苦しい

収入が増えれば増えるほど、所得税や社会保険料は増えていく。それだけでなく、所得制限により公的助成の対象外となることもある。そのため、子どもを持つ世帯年収1000万円以上のキャリコネニュース読者からは、

「子どもの数が増えれば教育費など出費もあるので、子どもに関する助成は所得関係なく平等にしてほしい」(奈良県/40代後半男性/メーカー系/正社員/世帯年収1200万円台)

という声が多く寄せられている。引き続き、キャリコネニュースに寄せられた「公的助成の所得制限に対する不満」を紹介しよう。(文:福岡ちはや)

【みんなの年収事情】最新記事はこちらから

「教育費のために働いているようなものです」

埼玉県の40代後半女性(メーカー系/正社員)は世帯年収1200万円台。女性は「子ども3人がいます」と前置きし、税金に対する不満を吐露する。

「税金は高いうえ、保育料免除の時代ではなかったため最高額を支払い続け、児童手当も少なく、私立高校の補助は受けられず。教育費のために働いているようなものです」

3人の子どもを産み育てるには、膨大な金額がかかるだろう。いくら高収入とはいえ、ここまで助成を削られては生活に響いてしまう。女性は、

「同じ教育を受けるのに、これほど親の負担に差がある。多く働いて税金も多く払っているのに、メリットが受けられないなんて納得がいきません。水準を見直すべきです」

と訴えた。

「我が家はどこの家より貧しいです」

世帯年収1000万円台の40代後半女性(千葉県/流通・小売系/個人事業主)も3人の子どもを養育中だが、厳しい生活を強いられている。家計を圧迫しているのは高額な教育費だ。

「長男は医大生で教育費年間600万円。次男は理系大学で年間110万円。 長女は私立高校に通い年間50万円。 長男・次男は地方大学なので、奨学金を生活費と教材費にあてています」

女性は「(子どもたちを)将来を担う人に育てる努力をしてきました。税金も人一倍払っています。でも国の支援はなし」と嘆く

「身の丈に合わない教育をしてしまったのかもしれませんが、我が家はどこの家より貧しいです」

女性は苦しい状況に直面し「助けてほしいです」と綴っている。

※アンケート概要
■実施期間
2020年10月21日〜
■回答数
993 ※8月10日時点
(記事では、2021年8月6日に寄せられた投稿を紹介)
■アンケート対象
キャリコネメルマガ会員(63万人)やキャリコネニュース読者、キャリコネニュースSNSフォロワー
■実施方法
アンケート集計ツール「クエスタント」を使用
回答ページ https://questant.jp/q/AC3WCZIN
■質問項目
・税金に対して怒っていること・不満を持ったエピソードなどを具体的に教えてください(税率や、引かれる税金に対して思うことなど)

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」や「夏のボーナスいくらですか?」などのアンケートを実施しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収400〜600万円の生活感「小遣いは月3〜5万円。休日のラーメンに1万円、タバコに1万円使ってへそくりができない」
「妻が専業主婦で働こうとしない。金銭的な余裕がありません」年収700万円の40代男性の本音

キャリコネニュース

「世帯」をもっと詳しく

「世帯」のニュース

「世帯」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ