妊娠6ヶ月の体験談「命が宿っている実感」「いいパパになってくれるのか…」夫の反応は?

8月13日(日)20時0分 マイナビウーマン

妊娠6ヶ月の体験談「命が宿っている実感」「いいパパになってくれるのか…」夫の反応は?

写真を拡大

妊娠6ヶ月になると、おなかの赤ちゃんの胎動がはっきりと感じられる頃。エコーで赤ちゃんの性別がわかることが多くなります。この頃のママは、どんなことに喜びを感じ、不安を抱えていたのでしょうか? ママたちのリアルな声を聞いてみました。
妊娠6 ヶ月、プレママ・ママたちが嬉しかったエピソード

胎動を感じた・エコーで確認しなくても動いている事を実感する毎日で、楽しかった。(30歳/0歳児/主婦/その他)

・初めて胎動を感じた時は本当に嬉しかった。いまでも日にちを覚えている。(28歳/0歳児/パート・アルバイト/食品・飲料)

・命が宿っている実感があり、また、しゃっくりも頻繁にしているのが分かり、うれしかった。(37歳/1歳児/自営業・フリーランス/学校・教育)

最も多かったのは「胎動」でした。これまでエコー画像でしかわからなかった赤ちゃんの存在がはっきりわかるようになると、さらに愛しさも高まりますよね。

夫のやさしさや気遣いが嬉しかった・モコモコ動くと旦那がお腹を触ってくれること。(40歳以上/1歳児/正社員/情報・IT)

・私が今胎動があったよーとパパに言ったら、パパが私のお腹に声かけしてくれて幸せだった。(39歳/0歳児/主婦/その他)

・旅行に行くことを夫が提案してくれた。(35歳/0歳児/派遣社員/情報・IT)

ママのおなかが小さいうちは、男性はなかなか自分が父親になる自覚がないことが多いもの。胎動のはじまりをきっかけにパパの自覚が芽生えてくると、嬉しくなりますね。
性別がわかった・おなかの子が女の子と分かって嬉しかった。(39歳/1歳児/正社員/金融・証券)

・この頃に性別がわかって、名前で呼び始めた。お腹に赤ちゃんの存在を感じて嬉しいし、名前で応じられるのも嬉しかった。(29歳/0歳児/正社員/食品・飲料)

・出産する病室で性別を見てもらうとほぼ女の子ですと言われ、性別はどちらでもよかったのですが実感がわいてきました。(28歳/0歳時/主婦/その他)

性別がわかると、より具体的におなかの赤ちゃんのことがイメージできるようになりますよね。名前を考えたり、ベビー用品の購入を考えたりでワクワクしてきます。

安定期に入って安心・安定期に入りホッとした。安定期に入った事もあり、主人と共通の趣味であるフェスに行けた事が嬉しかった。お腹の子と3人で来て聞いているという実感があり幸せを感じた。(32歳/1歳児/公務員・団体職員/医療・福祉)

・流産の可能性が減る時期だったので、嬉しかった。(35歳/0歳児/主婦/その他)

・やっとつわりがなくなり、お腹も出てきて実感が湧いてきた。(28歳/0歳児/主婦・その他)

妊娠中期になっても、なかなか体調が復活しないママもいます。体調がよくなってくると、マタニティライフを楽しもうという気持ちの余裕も生まれてくるようです。
妊娠6ヶ月、プレママ・ママが抱えていた不安エピソード

体調の不調が続く・いつまで自宅安静にしていればいいのか。(25歳/1歳児/主婦/その他)

・まだまだつわりがひどく、周りは楽しみながら妊娠生活を送っているのがうらやましかった。(40歳以上/1歳児/主婦/その他)

・つわりもなくなってきたので体重が増えないか心配でした。肝機能の数値も上がってきて心配でした。(40歳以上/1歳児/正社員/医療・福祉)

体調が落ちついてくるママが多い一方、まだまだつわりが続いていたり、妊娠中特有の体調変化に苦しむママも……。おなかの赤ちゃんが元気に育っている証拠とわかっていても、体調が悪いと気分的にブルーになってしまいますよね。
ちゃんと育てられるか・これからの生活の変化、体調の変化。とにかく母になるという不安だらけだった。(28歳/1歳児/パートアルバイト/食品・飲料)

・母乳は出るのか不安だった。ミルクでもいい、と思っていたが、やはり母乳で育てたかったので。(40歳以上/1歳児/主婦/その他)

・育児書を読めば読むほど、出産した後が大変そうで、出来るのか不安だった。(37歳/1歳児/正社員/その他)

・家事と子育ての両立ができるかどうか。(37歳/0歳児/正社員/学校・教育)

一人の子どもを産んで育てていくというのは、これまで知らなかった世界。胎動などではっきりとおなかの赤ちゃんの存在が感じられるようになると、ママとしての自覚も高まると同時に、不安も少し芽生えるようです。
出産時の不安・出産時のこと。緊急帝王切開にならないかとか。(35歳/1歳児/正社員/金属・鉄鋼)

・血圧が上がっていたので、早産になる心配を抱えていた。(35歳/0歳児/主婦/その他)

・両親学級に参加した時に、早産になると受け入れてくれる病院が非常に少ないと聞いて、不安になった。(40歳以上/0歳時/公務員・団体職員/団体・公益法人・官公庁)

・陣痛がどんなものか、全く想像がつかずに、痛いのが本当に苦手なので漠然と不安でした。(38歳/0歳児/その他/電機)

出産もまた、育児と同時に未知の世界。「鼻からスイカを出す」などの例えもありますが、果たして自分が耐えられるのか不安ですよね。リスクを抱えているママの場合、なおさらです。
夫の態度・パパとしての自覚に不安・主人がいいパパになってくれるのか、不安。(35歳/1歳児/主婦/その他)

・夫が両親学級に行っても、うわの空で不安だった。(40歳以上/1歳児/正社員/小売店)

・出産の時や、産まれた後に、旦那が非協力的だったらどうしようと不安になりはじめた。(38歳/0歳児/主婦/その他)

女性は体の変化があることからもママとしての自覚がより高まっているのに、夫の方はおなかの赤ちゃんに無関心だったり、生活態度が変わらないと「大丈夫かな?」と心配になってしまいますよね。でも案外、どうしたらいいのかわからず、戸惑っているだけなのかも。
まとめ

妊娠6ヶ月になると、エコーではっきりとおなかの赤ちゃんの様子が分かるようになります。性別もわかり始める時期なので、具体的に赤ちゃんの名前を考え始める家庭もあるようですね。一方、それまで漠然としか感じられなかった出産や子育てがリアルに感じられるようになり、不安になってしまう場合も…。妊娠中はただでさえ気持ちが不安定な時期。うまく気分転換をして、穏やかに保ちたいものです。

マイナビウーマン

この記事が気に入ったらいいね!しよう

妊娠をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ