世界に実在する「呪われた橋」5選がハンパなく恐い! 白いマントの女、両手のない惨殺体、貴婦人を目撃したら1年以内に死亡!?

8月13日(日)13時0分 tocana

画像は「Wikimedia Commons」より引用

写真を拡大

 河川や渓谷の対岸に、人や物を運ぶために架けられる橋。世界最古の橋として有名なギリシャのアルカディコ橋は、紀元前1,300年頃に建造されたといわれている。それほど長い歴史を持つ建造物ゆえに、世界各地に残る歴史ある橋の中には恐ろしい逸話が残るものも珍しくない……。今回は、世界に実在する“呪われた橋”5選を紹介しよう。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2017/08/post_14027.html】

■夜中に“ヤギ男”が現れる橋

 米国の国家歴史登録財にも登録された、テキサス州に架かる“オールド・アルトン橋(通称:ヤギ男の橋)”は同国でも有名な幽霊橋の1つ。昔、同州デントンには“ヤギ男”と呼ばれた有名なヤギの飼育者、オスカー・ウォシュバンが暮らしていた。しかし、地元の「クー・クラックス・クラン(以下、KKK)」はオスカーの成功を認めず、1938年のある日、彼を誘拐すると橋に吊るして殺害してしまう。ところが、彼らが橋の下を確認してもオスカーの姿は見当たらず、逃げられたと考えて激高したKKKは、オスカーの自宅に乗り込むと家族全員を皆殺しに……。この事件以降、夜中にオールド・アルトン橋を灯りを消した状態で渡ると、オスカーやヤギの姿を目撃したり、ハロウィンの日に橋で笛を2回吹くとオスカーの両目が現れる、といった逸話が囁かれるようになった。


■貴婦人の亡霊が見える橋

 1850年代の英国ペックフォートンに、レンガ造りでアーチ状の小さな橋が建造された。ペックフォートン城へと観光客をいざなうこの“呪われた橋”には、いくつかの有名な逸話が存在している。ある噂によると、目を正面に真っ直ぐ向けて橋の下を通り抜けると、城で暮らしていた貴婦人の亡霊を目にするという。また別の噂では、橋の下を通り抜ける際に貴婦人の霊を目にして、さらに誰も居ないはずの頭上の橋を誰かが歩いていく足音を聞いたとも伝えられている。さらに“呪われた橋”にふさわしく、貴婦人の幽霊を見た者は1年以内に死亡するという逸話も……。


■赤ん坊の泣き声が聞こえる橋

 夜中に赤ん坊の泣き声が聞こえる“泣き虫橋”の逸話は、米国の全州で語り継がれているが、オハイオ州セーレムに架かるこの橋にはとりわけ悲しい過去が残されている。生い茂った木々に隠れるように架かる橋の入口は、錆びた鉄のバーで封鎖され、車では先に進めない。昼間でも薄気味悪いオハイオ州の“泣き虫橋”には2つの逸話が……。ある説では、激しく言い争っていた夫婦の赤ん坊が気づかれることなく川へ転落し、溺死したという。また別の説によると、橋から転落した赤ん坊を助けようと川へ飛び込んだ母親が、赤ん坊共々溺れてしまい、父親も助けを求めて暗い森の中へと姿を消したまま、二度と発見されることはなかったという。そして1970年代には、この橋から飛び降り自殺する若者が後を絶たなかったともいわれている。


■女性の惨殺死体が見つかった橋

 米国イリノイ州には、血塗られた歴史が語り継がれる“トラス橋”が今も残されている。1980年、地元警察がトラス橋の下を流れる川から若い女性の死体を発見した。見つかった女性の死体は両手が切断されており、当時のDNA鑑定の技術レベルから、警察はその後10年以上も女性の身元を特定できないまま事件は行き詰まってしまう。1992年、ようやく殺害された女性が同州に暮らしていた26歳のダイアナ・リオルダンと判明したものの、事件は未解決のまま。住民からはダイアナを殺害した犯人が、殺害場所であるトラス橋に時折姿を見せているという目撃情報もあった。そして今年3月、ダイアナを殺害した犯人と断定されたトマス・スモールが逮捕され、事件は発生から30年以上の時を経てついに解決した。


■白い女性の幽霊が目撃される橋

 1960年にカナダ・アルバータ州に建造されたダンビーガン橋は、同国内に架かる吊り橋の中でも最大級クラスと言われる一方で、最も呪われた橋との呼び声も高い。地元に伝わる話によると、橋が建造された年の11月、車を運転していた2人の男性を猛吹雪が襲った。彼らがダンビーガン橋の中ほどまで進んだとき、2人の目の前に白いフード付きのマントを着用し、裸足のまま立つ女性が現れたという。男性らが「車に乗るか」と聞いても、彼女は2人に気づく気配はなかった。数日が経過したある晩、2人が再び橋に戻ってみると、豪雪の中で果物を摘むあの女性の姿が……。彼女を一目見て、2人は女性が幽霊であることをと確信したという。
(文=山下史郎)


※画像は、「Wikimedia Commons」より引用

tocana

この記事が気に入ったらいいね!しよう

惨殺をもっと詳しく

BIGLOBE
トップへ