BIGLOBEトップBIGLOBEニュース

ハンガリー人も蒙古斑

ビーカイブ8月14日(日)21時55分
東ヨーロッパの国のひとつであるハンガリー人には、蒙古斑のある子どもが生まれることがあるそうです。




アジア特有の現象


蒙古斑とは幼児のおしりに現れる青と灰色が混ざったような紋様です。通常は成長するにつれて自然に消滅します。蒙古斑は、モンゴロイドに特有の現象といわれています。中国人はもちろん、日本人や、フィリピン人などにも出現するといわれています。

イヌイットにも


さらに、北アメリカ大陸の極地に暮らすイヌイットにも蒙古斑が出現するといわれています。彼らはもともとアジア大陸から、北上し、ベーリング海峡を渡って、現在の場所に住み着いたといわれています。もともとは、モンゴロイドであるため、蒙古斑が現れるのでしょう。

ハンガリー人に出現?


ですが蒙古斑が現れるのはモンゴロイドなどのアジア人ばかりではありません。ハンガリー人にも蒙古斑を持った子どもが生まれることがあります。これはなぜかといえば、世界史をさかのぼる必要があります。モンゴル帝国はチンギスハンによって11世紀はじめに成立した遊牧国家です。この国は最初はモンゴルからはじまり、どんどんと支配範囲を広げてゆきます。最大時には中国の全域はもちろん、現在の中央アジア一帯から、西アジア一帯、さらにヨーロッパの一部までをも支配下に置きました。その際、最大進出した範囲がハンガリーであったため、その頃に、ハンガリー人とモンゴル人の血がまじわっており、現在も、ごくたまに蒙古斑を持った子どもが産まれると言われています。

インド・ヨーロッパ語族にも?


ハンガリー語を含む、インド・ヨーロッパ語族を話す地域の中では、最大で10%ほど、蒙古斑を持った子どもが生まれるそうです。モンゴル帝国の支配地域とも重なる部分もありますので、ハンガリー人だけではなく、ほかの国や地域でも蒙古斑の持ち主がいるのかもしれません。

「海外旅行に役立つ情報集」
Copyright © 2012 b-chive, All Rights Reserved.

はてなブックマークに保存

最新トピックス

トレンドトピックス

芸能写真ニュース

旬なニュースを配信中 フォローしてね!

注目ワード

話題の投稿画像

ページ設定

「ハンガリー」「ヨーロッパ」「子ども」「まれ」の関連トピックス

「ハンガリー」をもっと詳しく

注目ニュース
乱立する「地下アイドル」、悲惨な懐事情…「最低賃金」を下回っても問題ない? 弁護士ドットコム6月10日(土)9時4分
マイナーなグループも含めて、乱立している「地下アイドル」。その裏側を描いた週刊朝日の記事「月給138円、CD1千枚購入するファン&hell…[ 記事全文 ]
“10歳少年の捜索願い”写真が酷すぎると話題に ナリナリドットコム6月22日(木)8時44分
中国で10歳の子どもが行方不明となり、親が捜索のための写真を役所に提出、公開されたところ、「この写真を出してくるような親では家出も無理はな…[ 記事全文 ]
今度は「サンシャイン赤坂」!? マック赤坂さん「イエェェェーイ!空前絶後の都議会選挙」 ガジェット通信6月22日(木)13時55分
7月2日に行われる東京都議会議員選挙に立候補を予定しているという、実業家のマック赤坂さん(@macakasaka)。[ 記事全文 ]
マックのポテト全サイズ150円、公式アプリに期間中何度でもOKのクーポン。 ナリナリドットコム6月2日(火)14時4分
マクドナルドは、「マックフライポテト」全サイズ150円(税込み)で販売するクーポンを、iOSおよびAndroid向けのアプリで提供している。[ 記事全文 ]
「今すぐ死んで欲しい」 旦那の死を望む妻たちのSNS「旦那デスノート」が話題に BIGLOBEニュース編集部6月20日(火)13時16分
夫に死んで欲しいと願う妻がその願望や不満を綴る「旦那デスノート」という投稿サイトが注目を集めている。[ 記事全文 ]
アクセスランキング
1 “10歳少年の捜索願い”写真が酷すぎると話題にナリナリドットコム6月22日(木)8時44分
2 “没”が一転、「激辛モスバーガー」発売決定ナリナリドットコム6月21日(水)15時17分
3 12年間の不倫、親友に「イタイおばさん」と呼ばれたAll About6月9日(金)19時45分
4 今度は「サンシャイン赤坂」!? マック赤坂さん「イエェェェーイ!空前絶後の都議会選挙」ガジェット通信6月22日(木)13時55分
5 マックのポテト全サイズ150円、公式アプリに期間中何度でもOKのクーポン。ナリナリドットコム6月2日(火)14時4分
6 桃を1個まるごとドーン 「まるごと桃パフェ」が倉敷のカフェに登場BIGLOBEニュース編集部6月20日(火)18時47分
7 乱立する「地下アイドル」、悲惨な懐事情…「最低賃金」を下回っても問題ない?弁護士ドットコム6月10日(土)9時4分
8 豊田真由子議員「このハゲ——っ!」秘書への暴言・暴行でネット騒然 レスラーの豊田真奈美さん困惑ガジェット通信6月22日(木)20時45分
9 キムタクの玉突き事故は“SMAP再結成フラグ”と見てよし!? 関係者「メンバーは『ざまぁみろ』と思ってない、しかも中居は…」tocana6月22日(木)9時0分
10 「今すぐ死んで欲しい」 旦那の死を望む妻たちのSNS「旦那デスノート」が話題にBIGLOBEニュース編集部6月20日(火)13時16分

本サイトのニュースの見出しおよび記事内容、およびリンク先の記事内容は、各記事提供社からの情報に基づくものでビッグローブの見解を表すものではありません。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容についてその正確性を含め一切保証するものではありません。本サイトのデータおよび記載内容のご利用は、全てお客様の責任において行ってください。

ビッグローブは、本サイトの記事を含む内容によってお客様やその他の第三者に生じた損害その他不利益については一切責任を負いません。

データ提供元:アニメキャラクター事典「キャラペディア