小池一夫先生「食費にお金をかけられないのは言い訳」に反論殺到! 「財力と余暇が今の若者にはない」「おすましに数百円かけられない」

8月14日(月)8時30分 ガジェット通信

小池一夫先生「食費にお金をかけられないのは言い訳」に反論殺到! 「財力と余暇が今の若者にはない」「おすましに数百円かけられない」

写真を拡大

『子連れ狼』などの原作者で、80歳を過ぎた今でも『Twitter』で精力的にツイートしている小池一夫先生ですが、「若者が食費にお金をかけられないというのは言い訳」と投稿して物議を醸していました。

食費にお金を若者はかけられないというが、それは、言い訳。今日のお昼ご飯、鱧のおすましだったけど、家人に聞いたら、実質何百円だって。骨切りした鱧も旬だから安いし、他の材料も残りものだしって。やれば出来る。やらないだけ。

これに対しては「節約術をしているのは奥様であって小池さんではないですよね?」といった疑問や、「安い食材を使って料理をするのは知識と経験と腕が必要」といった意見、さらには「おすましに数百円かけられない」といった声や「財力と余暇が今の若者にはない」「食費を削らなければ趣味に回せない若者が増えている」という窮状を伝えるツイートが殺到。

「15〜20万円の給料で家賃水光費携帯代税金国保年金を払った上で毎日10時間労働した後に洗濯などを行った上で節約料理が続けられるか」といった反応もあった小池先生の「自炊しない若者」ツイート。これらの声に対して小池先生は次のような反省の弁を投稿しています。

昨日のツイート、反省してます。若者と接することは多くても、若者と暮らしていないので、今の若者の現状が頭では分かっていても、肌の感覚では分かっていなかったんだなあとリプを読んで思いました。自分も同じような若者だったはずなのにね。年長者として、もっと、広く深い目でツイートすべきでした

さらに、小池先生は「まだ、年寄りの僕でも、このツイッターというツールで成長出来ることがありがたいです」と続け、吸い口のことを「“あの緑の輪っかなんですか?”というリプがあり、ちょっとクスリとしました」とツイート。真摯に反省をしたことに対しては「素晴らしい姿勢」「尊敬します」といった反応が集まっていました。

※画像は『Twitter』より
https://twitter.com/koikekazuo/status/896270875237900289 [リンク]

—— 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

ガジェット通信

この記事が気に入ったらいいね!しよう

お金をもっと詳しく

PUSH通知

緊急速報ニュース

緊急度や重要度の高いニュースが発生した際にすぐにプッシュ通知を送ります。
通知設定一覧からいつでも解除ができますのでお気軽にご登録ください。

通知設定一覧

BIGLOBE
トップへ