色覚異常矯正メガネで初めてアメリカの国旗の正確な色を見ることができた消防士の感動と喜び(アメリカ)

8月14日(水)14時30分 カラパイア

glasses2_e
image credit:Jordan Gardner/Facebook

 色に対する感覚が正常とは異なる「色覚異常」には様々なタイプがあるとされ、世界で3億人がこの色覚異常を抱えていると言われている。

 アメリカのジョージア州に住む消防士の男性も、その1人だ。しかし、彼は自分が色覚異常であることを、友人に指摘されるまで全く気が付かなかったという。

 後に、友人ら同僚から色覚異常矯正メガネをプレゼントしてもらった男性が最初に見たのは、赤い消防車に掲げられたアメリカの国旗だった。

 これまで見ていた色の世界と完全に異なる世界を知ることができた男性は、感動と喜びを露わにした。
image credit:Jordan Gardner/Facebook


・消防士の友人が同僚の色覚異常に気付く

 ジョージア州ダグラス郡の消防士スペンサー・キャラディンさん(21歳)は、自身が赤緑色の色覚異常を患っていることに全く気付いていなかった。

 それに気付いたのは、スペンサーさんの友人で同僚のジョーダン・ガードナーさんだ。

 ある日、2人でハイキングに出かけた時に、ジョーダンさんはスペンサーさんに「あの赤い納屋の右だよ」と視界の向こうを指さして伝えたが、スペンサーさんは「見えない」と答えた。この時、ジョーダンさんはスペンサーさんに何らかの色覚異常があるのではと疑った。

 そこで、ジョーダンさんがスペンサーさんに色覚異常検査を受けさせてみたところ、やはりスペンサーさんは色覚異常であることが判明した。


・色覚異常矯正メガネ「EnChroma」をプレゼント

 職場の同僚であるとともに、大切な友人のスペンサーさんの力になりたいと思ったジョーダンさんは、色覚異常を矯正するメガネ「EnChroma」を購入した。事情を知った他の同僚たちも、費用をカンパしてくれたそうだ。

 アメリカの独立記念日となる7月4日の1日前に、消防士らはスペンサーさんに「集会」と称して集まり、スペンサーさんにメガネを差し出した。

glasses1_e
image credit:Jordan Gardner/Facebook

 驚いたスペンサーさんがメガネをかけて外に出ると、目の前に消防車に掲げられたアメリカの国旗があった。

inside edition 1_e
image credit: youtube

 自国の旗がどんな色をしているか、初めて知ることができたスペンサーさん。しばらく無言で国旗を見つめた後、感極まり涙しながらジョーダンさんをハグした。

glasses3_e
image credit:Jordan Gardner/Facebook


・「赤だと思っていた色が、実際はそうではなかった。」

 アメリカ眼科学会(AAO)によると、視覚障害は特定の色が互いに区別できない場合に発生するという。通常は赤と緑の間で発生するが、時に青にも起こるようだ。

colour1_e
image credit: youtube

 EnChromaメガネは、メガネをかけた色覚異常の人の可視スペクトルを広げる特別な技術を使用している。



 今回、アメリカ国旗の赤、白、青の本当の色を見ることができたスペンサーさんは、このように語った。

国旗が本当はどんな色をしているか全く知らなかったし、今まで赤だと思っていた色は実は全く違っていたことを知りました。

私は旗が大好きなので、もしメガネをかけたら最初に見るものはアメリカの国旗だと決めていました。国旗は、今まで見ていたものよりもずっと綺麗でした。これまで消防車もグレーに見えていたのですが、メガネをかけて鮮やかな赤だということがわかりました。

見えた世界に、感情が溢れて興奮して、混乱してしまいました。メガネを受け取った時には頭が真っ白になり、みんなに何と言えばいいのかさえわからなくなってしまったほどです。全く持ってクレイジーで、驚きしかありませんでした。同僚たちの親切には深く感謝しています。


・色の世界が広がることで、世界そのものも大きく変化

 スペンサーさんへのサプライズは、それだけでは終わらなかった。

 その後、ジョーダンさんはスペンサーさんを野球の試合に連れて行き、一緒に花火大会を見た。この時にも、もちろんスペンサーさんはEnChromaのメガネをかけていた。

 その時の動画を、自身のフェイスブックに投稿したジョーダンさんは、このように綴った。

全てのイベントが終わるころには、スペンサーも自分も感情が沸き上がってくるのを抑えられなかった。スペンサーと一緒にこの経験ができたことは、人生で最も喜ぶべきことの1つだ。

 スペンサーさんのように、限られたカラーパレットの中で生活することは、正常な色覚を持つ人にとっては、なかなか理解が容易ではないだろう。色の世界が広がることは、彼らにとって世界そのものが広がることと同じなのだ。

image credit:Jordan Gardner/Facebook

 後のメディア報道によると、更にスペンサーさんに嬉しいことが起こったという。部屋の中でもかけることができるタイプの色覚異常矯正メガネの購入費用を、寄付してくれる人が現れたそうだ。

 今後、スペンサーさんはその2つの矯正メガネをかけ、新しい世界で生活していくことになるようだ。


EnChroma & Valspar - Color For The Colorblind
References:Liftableなど / written by Scarlet / edited by parumo

カラパイア

「アメリカ」をもっと詳しく

「アメリカ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ