モテテク「上目遣い」を男性はどう思ってる?キュンとさせるテクニックも紹介

8月15日(木)18時0分 ハウコレ



女性が意中の男性を落とすための、いわゆる「モテテク」には以前よりいろいろなテクニックが取り沙汰されてきましたが、その中で「上目遣い」というテクニックがあります。



上目遣いは男性を落とすのに本当に有効なのでしょうか?


今回は、上目遣いというモテテクについて、男性の本音とかわいいやり方などをご紹介します。


■「上目遣い」はモテテクとして本当に有効?男性の本音



モテテクを駆使して好きな男性に自分のことを意識させたいと思っている女性もいることでしょう。


さまざまなモテテクといわれる男性を落とすためのテクニックの中で、上目遣いがありますが、はたしてモテテクとして有効なのか、男性の本音をご紹介しましょう。



■ドキッとする

男性は上目遣いで女性から見つめられるとドキッとする場合も確かにあります。ただし、わざとらしくしないということが条件となります。


不意に目が合ったときに自然な上目遣いをされると、ドキッとしてしまい、その瞬間からその女性を意識するというケースです。



■かわいい

下から見られるよりも上から見られたほうが人の顔は良く見えるということもあり、上目遣いで見つめられるとかわいいと感じる場合もあります。


男性からすると見下されるよりも、見上げられるほうが心理的に優越感が得られるということもあります。



■「いけるかも!」と思う

男性によっては、女性から上目遣いで見つめられると「いけるかも!」と思う人もいるでしょう。


しかし、それは男性がその女性に対してある程度の好意を抱いているケースです。
そして、男性の恋愛経験の多さにも左右されます。



■自意識過剰

注意しなければいけないのは、上目遣いをすることによって自分のことをかわいいと思っていると男性に思われてしまう可能性もあります。


つまり、自意識過剰な女だと思われて引かれてしまうということです。



■上目遣いする人による

残念ながら、全ての女性が上目遣いというモテテクが有効とはいえません。上目遣いを用いる相手の男性にもよるし、男性からすると上目遣いをしてくる女性にもよるということです。


もちろん、アイドル並みの容姿の女性から上目遣いをされたら多くの男性は嬉しいでしょうが、それでも男性からすると好みの女性じゃなければ有効ではないケースもあります。



■あざといと冷める

気を付けなければいけないのが、あざとく上目遣いをされるとせっかくそれなりの好意を持っていても冷める場合もあります。


やり方があまりにもあからさまでキツイと、自意識過剰と思われたり、男に飢えている女と思われたりと、イメージダウンにも繋がります。


■キュンとさせる「上目遣い」をマスターしよう



上目遣いをモテテクとして有効活用するためにも、意中の男性をキュンとさせるためのテクニックをご紹介しましょう!



■じっと見つめるのはNG!ちらっと上目遣い

上目遣いというモテテクを最大限に活用するためには、ちらっと一瞬の上目遣いで見つめるテクニックが必要です。


じっと見つめると、男性が引いてしまう危険性もあるのでNGです。
目が合ってすぐに視線を逸らす原理と同じで、上目遣いでちらっと見つめ、すぐに逸らすことで男性の心を惹きつけることができます。



■照れながら

重要なのは堂々と見つめないということです。少しうつむき加減で、照れながら視線だけ上目遣いというのがベストです。


男性からすると、自分に好意を持っていると確実に意識することでしょう。



■高低差を計算する

高すぎては上目遣いの効力が薄れ、低すぎては上目遣いで見るのは当たり前だと思われま
す。


そこで、少し顔を上げれば真っすぐ見ることができるにもかかわらず、視線だけ上目遣いができる位置関係でやる上目遣いがモテテクとして有効です。



■ここぞ!という時にしか使わない

上目遣いに限らず、モテテクというのは頻繁に使いすぎてはあまり威力を発揮しません。いつも使っていてはそういう人だと思われてしまうからです。


普段はそんなことしないのに、ふとした時にするからこそ男性を意識させることが可能です。二人きりの時など、ここぞ!という時にしか使わないようにしましょう。


■まとめ

今回は女性の上目遣いがモテテクとして有効なのかということについて、男性の本音やかわいいやり方などについてご紹介してきました。


上目遣いはあざとくならないように、さりげなく、そして照れながらちらっとすることで有効なモテテクです。ここぞ!という時に上目遣いを使って、好きな男性のハートをガッチリキャッチしましょう!(探偵N/ライター)


(ハウコレ編集部)

ハウコレ

トピックス

BIGLOBE
トップへ