火星表面で頭に王冠を乗せた「謎の人骨」が発見された!

8月16日(水)15時59分 まいじつ

少し以前の記事で火星の草食恐竜についてご紹介したが、今回はなんと、UFOや宇宙人の研究で著名なYouTubeチャンネル『Paranormal Crucible』が、火星の古代王と思われる“謎の人骨“を発見したと、大きな話題になっている。



(C)Paranormal Crucible



この画像はアメリカ航空宇宙局(NASA)の火星探査ローバー『キュリオシティ』から送られてきた無修正の画像だが、白い矢印の部分をよく見ると、頭に王冠らしきものを被り、“仰向けに横たわる人骨“が見えないだろうか? また、その左下にも“人骨のような白い骨“が固まっているようにも見える。



(C)Paranormal Crucible



これは問題の部分をそのまま拡大したものだが、この光景を信じられるだろうか? “頭の王冠らしき物体“はもちろん、頭蓋骨の大きな眼、肩の骨や胴体、さらにその下の節くれた背骨までが、はっきりと確認できるではないか!



古代メソポタミアとの奇妙な一致



(C)Paranormal Crucible



地球でも、王の死を悼んだ家臣や一族が自ら命を絶ち、一緒に埋葬されることがあった。これは殉葬(じゅんそう)と呼ばれる風習で、いまなお神秘のベールに包まれている古代メソポタミアを治めていた『シュメール人』の間で、頻繁に行われていたという。


シュメール人は紀元前4000年ごろ、メソポタミアに突如として現れ、それまでのどの言語にも類似しないシュメール語を操り、高度な政治学や数学知識、法律学や建築学、さらには錬金術を駆使し、瞬く間に巨大都市国家『ウルク』を築き上げ、以後1000年に渡り、周辺地域に強大な影響力を持つに至った。


しかし、シュメール人はその先進的な文化形態を考えても土着の民族ではなく、どこでそんな知識を得て、どこからやって来たかなど、はっきりとした出自が分からず、いまも“考古学上の大きな謎“とされている。



人類創世の鍵が記されたシュメール文書


メソポタミアの遺跡からは、数万枚にも及ぶ粘土板『シュメール文書』が次々に発見された。考古学の専門家がシュメール文書の解読を進めた結果、なんと驚くべきことに、古代人が観測することができるはずのない、冥王星や海王星などといった、太陽系にある惑星群の詳細が記され、さらに猿の遺伝子を加工して“人類を人工的に作り上げる方法“までが、図解入りで克明に描かれていたことが判明したという。


そして、こんな面白い話がある。人類の祖先であるとされる“2足歩行の猿人“は、いまから600万年ほど前に多数出現したが、それ以前の類人猿、つまりチンパンジーやゴリラの祖先と、この猿人たちが「どの時点でどのように枝分かれしたのか?」がほとんど解明されておらず、その進化の過程はいまもなお不明(ミッシング・リンク)とされているのだ。


しかし、“猿から猿人の進化“を太陽系外から飛来し、地球を探査していた宇宙人が“人為的に行った“とすればどうだろうか? 当時の人類が、地球に残った宇宙人、すなわちシュメール人に、“類人猿の進化”管理を託したとすれば、人類が彼らを神のように崇め、次々と殉死してゆく姿を眼に浮かべることができる。


当然、彼らは火星にも立ち寄ったはずだ。そして地球と同じ生命の種子を植え付け、遺伝子操作を行い、火星が地球と似たような進化を遂げていたとしたら……?


無論、これはすべて仮説だ。しかし、もし真実だとしたら、本当に夢のような話である。




【参考・画像】


Incredible Alien Skeleton Found On Mars –Paranormal Crucible


まいじつ

「王冠」をもっと詳しく

「王冠」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ