目覚まし時計なしで起きたい時間に起きられる うらやましい能力描いた漫画に反響

8月16日(金)7時30分 ねとらぼ

目覚ましを使わず起きられる!?

写真を拡大

 目覚まし時計を使わなくても起きられる人を描いた漫画に、「この力欲しい」「昔はできた」など反響が集まっています。作者は漫画家の意志強ナツ子さん。
 社内報を作るため、同僚の特技を取材する社内報課の岡本さん。「柔道三段」「服の値段を当てられる」などいろいろな特技を持つ人がいますが、その中で「生まれてから一度も目覚まし時計を使ったことがない」という人が。聞けば、寝る前に起きたい時間を声に出しながら、枕の両端をたたけば、寝坊せずに「起きたい時に起きれる」というのです。
 その場にいた人たちが試してみると「本当に起きれた」「なんで?」と驚きます。岡本さんも「すごい なんか自然に目が覚めた。不思議…」と言うのですが、時計を見ると11時過ぎ……普通に遅刻してしまったようです。
 「起きたい時間に起きられる」能力は欲しいという人も多いのではないでしょうか。漫画の中では岡本さんだけ失敗してしまいましたが、ちょっと試してみたくなりますね。
 読者からも「目覚まし前に起きるという力を持っています!」「20代の頃は寝る前に枕に『○時に起きるよ』ってぽんぽんすれば次の日起きられました」と同じようなことができる(できた)というコメントが複数寄せられています。一方で「この力が欲しい」「うらやましい」というリプライもみられます。
 この漫画は、意志強さんが「トーチweb」で連載中の『アマゾネス・キス』に登場するキャラクターを使って描かれています。同作は「超感覚知覚」を訓練する会員制ジム「アマゾネス・キス」を舞台にした物語で、危うくて怖いと思うとともについ読み進めてしまうお話です。
画像提供:意志強ナツ子さん

ねとらぼ

「目覚まし」をもっと詳しく

「目覚まし」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ