ご先祖様がマジンゴー! マジンガーZの精霊馬が頼もしくてお盆を安心して過ごせそう

8月16日(金)18時51分 ねとらぼ

スーパーロボット、マジンガーZの重量感をばっちり表現

写真を拡大

 お盆の時期に「故人があの世とこの世を渡る乗り物」として、ナスやキュウリで作られる「精霊馬」。近年、ユニークな形に作る人がネットで話題になるなか、2019年は「マジンガーZ精霊馬」が登場しました。強いんだ、ありがたいんだ、僕らのご先祖用なんだ!
 投稿主は映画プロデューサーの星野零式さん。毎年参加しているスペインの映画祭で現地の「マジンガーZ」人気を知り、彼らに喜んでほしい思いから製作したそうです。
 ボディ全体はナスをつないで作成。皮の色をそのままマジンガーZの黒い部分として生かし、白い部分は皮をむいて表現しています。そして、ブレストファイヤーの放熱板や、ホバーパイルダーをニンジンで作って完成。残念ながら、ナスがやわらかくて自立はできなかったとのことです。そう聞くとちょっと乗り物としては頼りなくも感じるので、来年はぜひジェットスクランダーも作り、ご先祖様が空を飛んでやってきたことにしてほしい。
 星野さんは、本業では主に「オムニバスバカ映画」を手がけているとのこと。最新作「マイルド鉄ドン アホな子 バカな子 マヌケな子」が、9月29日に東京都千代田区九段下で上映される予定です。
画像提供:星野零式さん

ねとらぼ

「マジンガーZ」をもっと詳しく

「マジンガーZ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ