自由研究のヒントが見つかる場所、野球研究ほか7選

8月16日(金)16時0分 NEWSポストセブン

調布市武者小路実篤記念館

写真を拡大

 夏休みの宿題の中でも特に自由研究は、親子にとってやっかいな課題。でも、興味深いテーマを見つけて上手に向き合えば、子供の才能をグンと伸ばせるチャンスにもなる。そこで、自由研究を進めるのに役立つ関東のイベントをこちらで紹介しよう。


◆武者小路実篤記念館

住所:東京都調布市若葉町1-8-30


 8月25日まで『夏休み自由研究サポート』を開催。無料のワークシートを使って館内や公園を探検、作家・武者小路実篤の作品や人物像について学ぶ。ぬりえやジグソーパズル、モビール作りもできる。


◆コートヤード HIROO

住所:東京都港区西麻布4-21-2


『夏の自由研究所・アートワークショップ by Freyjano Heya』を8月26日に開催。シェイクスピアの戯曲『真夏の夜の夢』の世界をモチーフに人形を作成し、参加者全員で人形劇を行う。材料費2000円。要予約。


◆地球環境 パートナーシッププラザ

住所:東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F


(社)マナティー研究所が『本物の博士といっしょに研究しよう!〜 海のいきものの研究』と題し、各種イベントを開催。8月9日は「深海生物に名前をつけてみよう!」、23日は「マッコウクジラの行動をしらべる方法」が開かれる。小学生対象で各回3000円(大人2人まで無料)。メール予約が必要(jamesmanatee2018@gmail.com)。


◆野球殿堂博物館

住所:東京都文京区後楽1-3-61


 8月31日まで『野球で自由研究!』を開催。野球の歴史をはじめ、道具や野球場、記録についてなど、野球について自由に学ぶための資料を用意してくれる。8月9、10日には「バット製作実演」も開催される。いずれも参加費は無料(入館料は別途)で、夏休み期間中は無休。


◆東京都虹の下水道館

住所:東京都江東区有明2-3-5 有明水再生センター5F


 企画展『下水道自由研究の種』を開催中で、最終日の8月25日には「廃油でエコキャンドルをつくろう!」を実施。1日3回で、各回10組。各回の整理券は9時半から配布されるので、早めに出かけよう。参加費、入館無料。夏休み期間中は無休。


◆メガウェブ

住所:東京都江東区青海1-3-12


 9月1日まで、各種夏休みイベントを開催。8月23日は『DyDo ダンボールで世界に一つだけの自動販売機を作ろう!』、24、25日は『こどもクルマ企画部〜未来のモビリティを考えよう』など。予約をしなくても、先着順で参加できる無料イベントもあるので気軽に参加できる。入館料は無料(一部アトラクション有料)で、8月は無休。


◆アーツ千代田3331(地下B104)

住所:東京都千代田区外神田6-11-14


 夏休み期間中、「なあるアートネットワーク」が地下B104で、さまざまな工作教室を開催。8月20日は廃材で作る「走る!プラモデル風戦車」、8月21日は「廃材で作るロボット」などが開かれる。参加費は各5000円で事前予約が必要。材料や作り方などが書かれた“自由研究シート”がもらえるのも魅力で、これがあれば自宅でもう一度作れる。


※女性セブン2019年8月22・29日号

NEWSポストセブン

「自由研究」をもっと詳しく

「自由研究」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ