アメリカ人が初めて『日本の桃』を食べたら… あまりのウマさに無言に

8月17日(土)10時31分 しらべぇ

日本のウマい物を食べ尽くしに来日していた、テキサス出身のアメリカ人・ジョナサン。

彼はとんかつや居酒屋メニューなど、さまざまな日本の美味しいものを食べ続けてきたが、次に食べたいとオーダーしてきたのは果物。


■山梨県の桃カフェへ

8月に旬の果物はいっぱいあるが、ジョナサンはテキサスの桃の果樹園で誕生したらしく、日本の桃を食べてみたいという。

そこで向かったのが、山梨県山梨市にある桃農家が経営するカフェ『ラぺスカ』。ここでは桃を使ったスイーツからビールまで、さまざまな桃グルメを堪能することができる。


関連記事:ファミリーマートで「桃フェア」が開催中!夏にぴったりのウマさ

■桃まるごと1個使ったパフェ

最初に注文したのは、桃をまるごと1個以上使ったパフェ『ピーチジュエル』(1,150円)。インパクト満点の見た目だ。

しかし、ジョナサンはやや顔が引きつっている。テキサスの桃はそのまま食べることはあまりないらしく、ケーキやタルトの材料にすることが多いのだとか。さらに皮つきなので、テキサス人的にはあまり美味しそうなビジュアルではないらしい。

■あまりのウマさに無言に

おそるおそる食べるジョナサン、気になる評価は…?

「な、なんだこのとろけるような柔らかさと、口いっぱいに広がる良い香りと甘さは…これが日本の桃なのか。そのまま食べてめちゃくちゃウマい桃なんて、人生初体験だよ」

と絶賛。ジョナサンが考えていた桃の味をはるかに超えた美味しさに、無言になってしまった。


■良心的すぎる桃料理に感動

お次の『桃とパブロバ ピーチソレイユ』(1,080円)は、こちらも桃まるごとにチョコレートアイスとパブロバを添えた贅沢な1皿。混ぜて食べるのがおススメだそうだ。

「スゴいイケてるビジュアルだな…これで10ドルしないなんて、日本の桃農家は良心的すぎる。桃好きにはたまらないな…」

と、桃の美味しさを確認したジョナサンはさきほどと違い、相当テンションが上がってきたようだ。


■シェフを呼びたくなるウマさ

さっそくまぜまぜして食べるジョナサン、もう顔がウマそうである。

「めちゃウマいな! 桃の香りとチョコレートが合わさって、濃厚な味が好きな人には絶対いいね! シェフを呼んでほしくなるウマさだ」

と、ピーチジュエルとはまた違った美味しさに喜んでいた。桃農家が経営するカフェ、テキサス人的にも大満足だったそうだ。


■行く前はお店のページを

桃の果樹園で生まれたジョナサンも絶賛した『ラぺスカ』、オープン日は時期によって異なるので、訪問するときは事前にお店のFacebookを見ておくことをおススメする。

また、休日は大混雑することが多いので、平日の早い時間に行くとあまり待たずに食べられるだろう。桃好きには絶対たまらない店だ!


【桃農家カフェ ラペスカ】

住所:山梨県山梨市正徳寺1131−1


・合わせて読みたい→『あいのり』桃、マッチングアプリ使用を告げたら…両親はまさかの反応


(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男



しらべぇ

「アメリカ」をもっと詳しく

「アメリカ」のニュース

トピックス

BIGLOBE
トップへ